ダイニングテーブルを選ぶ。大きさ・高さの考え方・基準

こんにちは

100年家具店主、善五郎です。

 

ダイニングテーブル選びは、暮らしにとって、

とても大切なものと言えます。

 

家族のよりどころとなる「いつもの食卓」であることはもちろん。

仕事をしたり、宿題をしたり、時には友人や親戚を招いて、

大人数で食事を囲むことだってありますよね。

 

実際、「ちょうどいい”大きさ・高さのダイニングテーブル」って、

どんなものなのでしょう?

 

お客さまにもよく聞かれる質問なので

僕の知る限りのことに加えて、ちょっと調べてみたいと思います。

 

①ダイニングテーブルのちょうどいい広さは?

ダイニングテーブル選びで、まず押さえておきたいことは、食事をする際に

“ちょうどいい広さ” であることです。

 

一般的には、

◎椅子に座った時に【幅60cm〜 / 奥行35cm〜】

はあると、ちょうどいい1人分の広さと言われています。

少なくとも、一人分のちょうどいい広さには、

【W=幅60cm / L=奥行35cm】あるといいと言われています。

 

この数字を基本とすれば、

◎大人2人が横並びになって【幅120cm〜】
◎顔を合わせて座わると【奥行75cm〜】

程度あると余裕をもてますね。

 

ただこの寸法は、あくまでも目安。既製品のテーブルは、

これより大きな寸法となっていることも多いかもしれません。

2人用や4人用、あるいは6人用のダイニングテーブルともなれば、

サイズは大きく異なってきます。

 

まずは座る人数を決定し、基本の数字よりも余裕をもって、

テーブルの大きさを想定してみましょう。

 

②椅子の出し入れスペースもチェック

次に覚えておきたいのは、椅子に座ったり椅子から立ったりする

動作に必要なスペース。

 

◎「椅子そのもの」のスペースに【約70~80cm】

◎「椅子の後ろ」のスペース(a)に

【約60cm(大人1人が通れるほどの広さ)】

が必要となります。

 

「椅子そのもの」のスペースに【約70~80cm】。

「椅子の後ろ」のスペース(a)に

【約60cm(大人1人が通れるほどの広さ)】

 

ダイニングテーブルのサイズは、

こうしたテーブル廻りに必要なスペースも含めて、検討しておきましょう。

 

③ダイニングテーブルのちょうどいい高さは?

ダイニングテーブルを選ぶ時、みなさんは「高さ」も

チェックしていますか?

思い返してみてください。

レストランや他の人の家に行った時、

「高さが合わなくて、ちょっと食事がしにくいなあ」と感じたこと、

一度はありませんか?

 

この原因の一つは、

「テーブルの高さと椅子の座面の高さが合っていないこと」です。

テーブルの高さと椅子の座面の高さには、

密接な関係があるので、ここで整理してまとめておきましょう。

 

日本のテーブルと椅子の関係は、

 

【h1=座面の高さ40cm前後 / h2=テーブルの高さ 70cm前後】がほぼ大半。

つまり「差尺」は【 h2-h1=30cm前後 】

椅子の座面の高さ(h1)とテーブルの高さ(h2)の差を

「差尺(さしゃく)」といいます。

 

人が食事をするのに、ちょうどいい姿勢を保つための「差尺」は、

座高(※)の1/3より2〜3cm差し引いた寸法が目安になります。

 

大体27cm〜30cmくらいと考えれば良いでしょう。

※座高は身長×0.55が目安になります。

 

日本の椅子の【座面の高さは40cm前後】のものが多く、

【テーブルの高さも70cm前後】がほぼ大半です。

 

これは日本人の使い方や体型を考えて作られているから。

ところが、海外から輸入したテーブルには、

75cmくらいの高さのものがあるので要注意!

外国人の生活や体格に合わせて作られているため、テーブルの高さも、

椅子の座面の高さも、馴染みのないものであることが多いです。

 

気になるダイニングテーブルを見つけたら、

まずは必ず、

 

靴を脱いでから椅子に腰掛けて、

テーブルの高さをチェック

 

してみてくださいね。

 

④ダイニングテーブルで何をしますか?

ダイニングテーブルは、他の家具と比べて、大きなスペースを必要とします。

それだけでなく、多い時では1日に3回(おやつも含めれば4回5回?)、

ご家族の真ん中、家族が集う大切な場所です。

しかし、ダイニングテーブルは、食事だけに使うものではありませんよね。

 

裁縫をしたり、

 

家計簿をつけたり、

 

書き物をする際にも快適なものであってほしい。

ノートパソコンやタブレットを広げることも多いかな?

 

子どもが勉強スペースと使うなんていうのも、いいかもですね。

(リビング学習の是非については別の項でお話しします)。

 

家族みんなで、ダイニングテーブルを囲む。その様子を色々と想像すると、

ワクワクしてきますね。

 

まずは家族みんなで、

ダイニングテーブルを囲んで何をしようかと考えてみれば、

人数も大きさも、

家のどこのスペースに置くかも決まってくるのではないでしょうか。

 

 

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

タバコのポイ捨て

タバコのポイ捨てって、なぜなくならないと思う?

松葉屋店主の 善五郎です。 僕の朝の日課は、店の前の掃き掃除です...

記事を読む

YMO「EXPECTED WAY/希望の路」と、歩道のタバコの吸いがらについて雑感

  こんばんは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 四方棚 ガラスケース

栗と胡桃の「四方棚」ができました。

こんにちは、スタッフの池田です。 栗と胡桃で作った ガラスの「...

記事を読む

艶やかな胡桃の 一枚板

松葉屋の職人さん

こんばんは、スタッフの須坂です。 松葉屋では2月16日から始まる...

記事を読む

スツール修理6

古い椅子を修理しました。

こんにちは、スタッフの須坂です。 先日、松葉屋の事務所の椅子が壊...

記事を読む

一枚板、栃のキラキラ杢

一枚板、キラキラ波打つような栃の杢

100年家具、松葉屋店主の善五郎です。   ...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

上質でかけがえのない、ギャッベのある暮らし。

松葉屋店主、善五郎です。   ギャッベのある暮ら...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑