エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

春のギャッベ展も5月6日まで。
今回もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございます。
ギャッベってこんなに気持ちが良いものなの?と実際に触って驚かれる方がいたり、
待ちに待ったお気に入りのギャッベを見つけた方がいたり、

とても嬉しい瞬間にご一緒させてもらっています。
会期は残り4日となりましたが、ぜひお立ち寄りください。

 

さて、エッセイ「ギャッベの物語」です。

これまでに私たちは
大好きなゾランヴァリ社アートギャッベに名前をつけて、
絵本のように物語をつくってきました。

そんな「ギャッベの物語」を
エッセイとして綴る連載。

時々、気まぐれに、ご紹介していきますので、お楽しみくださいね。

instagram 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

Facebook 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

こちらにも投稿していきますので、
ときおり時間があれば、ふらりと訪れてみてくださいね。


 

『あふれだす色 』

色のない砂の大地にくらしていると、心のなかにあふれだす、

夢と希望のあざやかな色。

 


 

『 空の幕 

陽が沈むと、コバルト色の幕がおりてくる。

さぁみんな、家路をいそごう。


 

『 よろこびの森 

雪解けの水が山をうるおし、

大地から木の芽が吹き、花が咲き、

森はよろこびに包まれる。


 

『 音楽のように 

ポンポンポンと並べただけで、リズムがうまれメロディーが流れだす。

離れてみると聴こえてくる、美しいハーモニー。

 


「大地と空、火と草色のじゅうたん展」 
2018年4月21日~5月6日 

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ#gabbeh #zollanvari#ゾランヴァリ

 

2018/05/02 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑