ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。
松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャッベを紹介させていただくようになってから、10年ほど。

春と秋、1年にたった2回のアートギャッベ展。

これまでに幾度となく、
妻のよしことギャッベのことを話してきました。

次はどんなギャッベと出会えるかなあとワクワクしている分、
選定をするときは、みなさんと同じくらい、「このギャッベ、家に似合うかなあ?」と、たくさん悩みます。

次の会期は、どんな風に紹介できるだろうか?
お手入れのことや、ゾランヴァリ社のことをどうやって伝えたらいいかな?と
一年中、ギャッベのことを考えているかもしれません。

そんな僕たちですが、妻のよしこが、
ギャッベのこと、暮らしのこと、松葉屋でのことを
書いてくれた文章があります。

今回は、そんなお話をご紹介します。


 

よしこの話

 

松葉屋にこられた方に、見て触れて、時には寝転んでもらいながら、私はいろいろなお話をさせていただきます。お互い時間のたつのを忘れて1時間、時には3時間がたっている、なんてこともたまにあります。

松葉屋2階の空間は、ギャッベと初対面のトキメキと、その魅力を味わう、ゆったりとした時間がながれています。そこで私がどんな話をしているか、かいつまんでお話します。

なつかしいような、ずっとここにいたくなるような場所がありますか?

こどもの頃、山と海と温泉が好きな父につれられて、夏と冬の家族旅行は、伊豆や志賀高原によく行っていました。
そんなある夏の日の、忘れられない山の景色があります。奥志賀の急なカーブの山道をぐんぐん登ってひと休みした時のこと。
車をおりて私は一人、なんとなく心惹かれて、木々の小道を歩いていきました。すると目の前に現れたのは、小高い丘の広がる草原。見あげると、丘と空の境界線が続いています。

夏山の気持ちのいい風と、キラキラ白く光る青い草のにおい。それはどこまでも続き、森へとつながっていました。
今までのことすべてを忘れて、何かの歌を口ずさみながら、丘をかけあがったのを覚えています。草に座りこんだら、あんまり気持ちよくて、ずっとここにいたかった。時間が止まってほしかった。でも、ふと「お母さんが心配してる……」とわれにかえり、家族のところに戻りました。

あれはどこの場所だったのか、少女の頃の記憶なので、何にも覚えてはいません。でも、確かにあったあの場所は、なんどもなんども思い出したり、思うと切なくて胸がしめつけられるような、なつかしいような気持ちになるのはなぜだろう。同じような場所をみると、いつも同じ気持ちになる不思議。

この夏、ドレミの草原を探しに行こう。山のふもとの市場でとれたてのトマトを買って、ピクニックに出かけよう。家族で歌を歌いながら。そしたら憧れのサウンド・オブ・ミュージックをそっくり体験できる!

わざわざヨーロッパに行かなくても、日本は海と山と森の国。
山で歌うなんてなんかとても恥ずかしい気もするけど、歌いたい。思いきり歌ったらきっと、開放感と爽快感と達成感と、感じたことのない未知の快感を味わえるような気がする。
歌うことが大好きなわが家の子どもたちをつれて、行ってみよう。あの山へ。私が少女の頃に見つけたあの草原を探しに。

もっというと、山に行かなくても、すんでる町が森になったらいい。

たっぷりと朝日のあたる小さな森は、山の憧れを体験できる場所。
いつか東屋を建てて、季節のおいしいものと温かい飲みものとデザートをいただきながら、誰かが奏でる楽器にあわせて歌ったり踊ったりできる、そんな場所。来てくださった人たちにも私たちにとっても心からくつろげて、ずっとここにいたくなる、ここでしか味わえない、胸の高まりを抑えられないような、ときめく居場所づくりをしていけたらなあと思います。

とは言っても一番は、今まで庭のなかった滝澤家が、この小さな森で焚き火をしたり、ギャッベをしいて、木の下でご飯を食べたり体操したり。家族でのんびり過ごせることが、まずは何よりとても楽しみなんです。
そして、子どもたちが大人になったとき、なつかしみつつ、ずっと守り続けてくれるような、そんな場所になってくれたら、と願っています。

滝澤佳子


 

「大地と空、火と草色のじゅうたん展」 
2018年4月21日~5月6日 

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ#gabbeh #zollanvari#ゾランヴァリ

2018/05/02 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑