一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。

 

3月18日まで開催していました「春の一枚板テーブル展」。

会期は終えましたが、引き続き、一枚板のテーブルや、広葉樹からつくられた家具は、
松葉屋に並びますので、ぜひ長野にお立ち寄りの際には、お出かけください。

どれも同じものは二つとなく、自然の中で育まれた豊かな表情をもつ木々。

しなやかに、力強く、凛とした佇まいが物語るものは、時代が流れても、暮らしのかたちが変わっても、私たちに何か大切なことを教えてくれるのかもしれません。

そんな一枚板のテーブルができるまで。

その過程をお伝えしてきた連載も、今回が最終回。

どんな家具も、永く使い続けてもらうことが、とても大切なことだと私たちは考えます。
色が剥がれ、手あかがついて、削れてもなお、その命が引き継がれていくように、松葉屋では家具の修理もお手伝いさせてもらっています。

その例をご紹介しますので、お困りのことがあったら、何でもご相談にいらしてくださいね。


「一枚板のテーブルができるまで」

01 原木を選ぶ

02製材と乾燥。家具をつくること、届けること

03直し、繕い、永く使い続けてもらうために



「一度は価値がなくなったと思われるようなものにも、もう一度、意味と価値と命を与えたい」

今回のブログで紹介したいのは、一枚板のテーブルに限らず、

暮らしの道具を永く大切に使い続けてもらうために、松葉屋としてできること、やっていきたいこと。

 


ゆるんだり、座が破けたり、キズやシミがついたから、家具の価値がなくなるわけではありません。

直し、削り、繕うことで、また何十年も使うことができるようにする。

そうして手を加えていくことが、ものの価値を高めることにもなると考えています。

松葉屋では、暮らしの道具のお直しをさせてもらってきました。


裁ち板をテーブルに

裁縫机として使われていた座卓をテーブルに。使い道がなくなっていたものが、形を変えることで、毎日使えるものに生まれ変わりました。


椅子の座割れを修理

座面が割れて、ガタガタしていた椅子。椅子の座面は、何枚かの板を接ぎ合せてつくっています。経年で接着剤が弱くなると、外れてしまうもの。それをきっかけに、歪んでガタガタになってしまうことがあります。座面の裏から補強して、しっかりとくっつけることで、もう一度、椅子の役目を担ってもらいます。


桐ダンスの削り直し

お嫁入りの道具として引き継がれた、思い出深い桐ダンス。塗り直して、真新しいもののように。さらに、息子さんのご結婚祝いで、引き継がれることとなりました。


さらには、松葉屋では「coil4」さんによる展示も開催いたします。

ぜひお出かけください。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

ギャッベの色どり。「秋の散歩道」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑