一生使える学習机って、なんだろう?

こんばんは。100年家具店主、松葉屋善五郎です。

僕が、ずっとつくりたいと思っていた家具。

それが「子どもの学習机」です。
ずっとずっと、つくりたいと思っていたカタチがありました。

松葉屋 栗のテーブル1200引き出し付き

素材は……日本の山で育った広葉樹のみを使うこと

接着剤は……化学薬品の接着剤は使わずに、膠で接着すること

塗料は……亜麻仁油蜜蝋をブレンドしたワックスで、シンプルに仕上げること

大きさは……畳の短辺と同じ90cm幅の机にすること

抽斗(ひきだし)は……大切な筆記用具大切なメモだけで、じゅうぶんな深さ

 

これには、すべて理由があります。

 

でも、何より、子どもたちが嬉しそうに使ってくれていること、大事に使ってくれていることが大切です。

松葉屋家具店 学習机

松葉屋家具店 学習机松葉屋家具店 学習机 山桜松葉屋家具店 学習机 黄檗一生使える学習机小布施町N様邸 山桜学習机

「ものを大切にして、永く使うこと」
そんな自然で、当たり前なことを、この机に込めました。

子どもが大きくなっても、いつまでも思い出の脇役でいられる学習机であるように。


「木の机とテーブル展」を開催します。

 11月23日(木)〜2月12日(月)

一生使える学習机 山桜


僕が、ずっとつくりたいと思っていた学習机。

抽斗に入らないくらいに、話したいことが山ほどあるので、また書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いくださいね。(笑)

 

 

2017/11/09 | 学習机

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑