「一生使える学習机」十二の想い(0/12)

こんばんは。100年家具店主、松葉屋善五郎です。

突然ですが、あなたが子どもの頃使っていた学習机は、今どこにありますか?

気になった僕は、多くの先輩お母さんたちに尋ねてみました。
すると、

多くの学習机は、十年を過ぎると家の中の邪魔者になってしまっている、という事実を知りました。

残念な事実です。とはいえ、僕の机も実家の建て替えと引越しで、今はもうありません。

生活や子どもの成長で、使い方も、好み生活スタイルも変わっていきます。

その結果、何人かのお母さんは、「邪魔になる家具No.1は、学習机だ」とも言っていました。

学習机を、後生大事に使い続けているという話は、残念ながら聞いた事がありません。

結局はゴミになっていく運命なのでした。

 

そこで、僕は思いました。「一生使える学習机」をつくれないだろうか、と。

長い間ずっと考えてきました。少しずつ、少しずつ、つくりたい学習机を想像しながら、

細かなデザイン、素材、塗料、仕上げ、作り方など

を思い描いてきました。

それが、松葉屋の「一生使える学習机」です。

この学習机をつくったのには、僕の「十二の想い」があります。

みなさんに読んでもらうには、少々、長くて、気の折れるものかもしれません。

しかし、気になった時に、何度でも読み返して、じっくり考えてみていただけるきっかけになるように。

「一生使える学習机 十二の想い」を書き綴っていきますね。

 

子育て真っ最中のお母さんへ

「一生使える学習机って何だろう」

自ら学習机を作った老舗家具店店主の十二の想い

松葉屋家具店 七代目店主 滝澤善五郎

 


はじめに
「どうしてこの文章を書いたのか」

私には五人の子どもがいます。上の子はもう成人していますが、下の子はまだ中学生です。五人の子育てをしながら、急に愛しくなって抱きしめたり、些細なことで感情的に叱ってしまったり「こんな事じゃあいけない」と、いつも矛盾を感じています。

ここには学習机について私の想いを書いていきますが、正直に言うと、“これまでの自分自身の子育ての確認のために書いた”というのが真相です。

あなたは「入学前の子どもに、本物を与えても、どうせ汚すし、乱暴に使って傷つけるからもったいない、わかりはしない」とお考えではないでしょうか。

私も以前は、そう考えていました。

でも、

五人の子育ての経験から、それは逆ではないかと、今は思います。

子どもは自然です。子どもは体いっぱいに感じ、笑い、泣き、怒ります。繊細で感受性豊かな子どもの時にこそ、「本物」に触れるべきではないでしょうか

そのことを、子育て真っ最中のあなたが、考えるきっかけになってくれればと思っています。

 

「なぜ私が学習机を作ったのか?」あなたが使っていた学習机は今どうなっていますか。

多くの学習机は、十年を過ぎると家の中の邪魔者になってしまいます。何人かのお母さんが、邪魔になる家具No.1は学習机だと言っていました。学習机を、後生まで大事に使い続けているという話は、残念ながら今まで聞いた事がありません。結局はゴミになっていく運命です。

なぜそんな学習机を売るのか?

なぜそんな学習机を買うのか?
私は、そんな疑問を長い間持ち続けていました。

そして、私が自ら学習机をつくったのは、その疑問に答えるためでした

 

次回、第1章に続きます。
私がここに至るまでの経緯をお話ししたいと思います。


松葉屋では、11月23日(木)〜2月12日(月)まで

「木の机とテーブル展」を開催します。


 

2017/11/12 | 学習机

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑