「街路樹 桂(カツラ)が泣いている」

こんにちは、100年家具店主、善五郎です。

 

松葉屋の前の街路樹がなんの木か知っていますか?

JR長野駅から善光寺に至る、通称中央通り1.8kmの両側には

桂の木が植えられています。

 

善光寺本堂が「総桂作り」にちなんで植えられた街路樹です。

 

以下、木材図鑑より引用 http://wp1.fuchu.jp/~kagu/mokuzai/kokusan.htm

 

桂とは

かつら 【桂】
[その他の名称]
コウノキ【香の木】 
カツラ科カツラ属の落葉広葉樹。散孔材
学名 : Cercidiphyllum japonicum
我が国特産種で日本各地に自生する。多くは北海道に産する。

 

辺心材の境界は明瞭で、辺材は淡い緑黄色。

心材は褐色。年輪はやや明瞭。
ホオ(朴)と性質が良く似ており、やや軽軟材で、木質は密。

加工は容易であるが、やや狂いやすい。
気乾比重 : 0.40~0.50
器具材、造作材、ベニヤ材、彫刻材、鉛筆材、碁・将棋盤、裁縫板など。


樹高は30m位にまでなる。葉は心臓形をしている。春先に、葉に先だって暗紅色の花をつける。
夏から秋に葉を採り、それを乾かして粉にしてお香を作るので、コウノキ(香の木)とも言う。
また、雌雄異株で雄株の新芽は美しい紅色を呈する。そこで、雄株を緋桂(ヒカツラ)、雌株を青桂(アオカツラ)と呼ぶことがある。

 

春の芽吹きが美しく、秋は紅葉が美しいとても優しい街路樹です。

 

と、言いたいところなのですが街路樹の桂、夏の暑い時期葉っぱが

枯れてしまうのです。

秋の落葉待たずに葉が落ちてしまう。

 

今年こそは秋の紅葉と落葉を見届けようと、

毎日のように水くれに励んでいたのですが… .

 

今年は春先から毎日のように店頭で定点観測を続けてきました。

芽吹きからそして夏枯れはじめた桂、見てみましょう。

 

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋の小さな森 新芽の季節です

こんにちは、スタッフの池田です。   春らしい気候が気持...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

前の記事:

次の記事:

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑