一枚板のテーブル・ありえないほど大きな木と出会いました。 

日本は森の国。深い山を背景に、
いにしえより森の民は木を切り、
暮らしの道具を作り、そして森を育ててきました。

時代は流れても、暮らしのかたちが変わっても、
僕たちは「木の力」を知っている。

一枚板 

一枚板 

ありえないほど大きな木と出会いました。
そして今、松葉屋がまるで森の中のようです。

一枚板 

この大きな木たちは何を思っているのか。
もし僕たちと話すことができたら
どんな話を、
何を語りかけてくれるのでしょうね。

ある山の仕事人が話してくれたことがあります。
「木は人間に使われたがっているんだよ」って
それは本当でしょうか?

人の一生を遥かに超えた年月
木の年輪を見ていると生きた証がはっきりわかります。

一枚板 

たとえば僕が生まれた1958年がここ。
僕の祖父が生まれた年がここ。
息子が誕生したのがここ。

木はただただ淡々と
地面から水をすい
太陽の光を受け
二酸化炭素を固定しデンプンなどの有機物を生成する。
その過程で酸素を放出するだけ。
(実際はもっと複雑なメカニズムらしい)

でもこれが木が生きるということ。

そして信じられないほど長い時間を体に刻みこんでいる。

 

 

「樹齢200年 広葉樹一枚板のテーブル」展

身近な山で育った広葉樹一枚板のテーブルを
丹精込めて製作しました。

8月27日(日)まで開催中
10:00~18:00
お休みが変則的なのでお気を付けください。
お休み:17(木)、22(火)、23(水)

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑