松葉屋の出開帳とは?東御市に来ています。

こんにちは!
松葉屋家具店の店主、善五郎です。

みなさんは出開帳(でがいちょう)という言葉をきいたことがありますか?
あまり聞き慣れない言葉ですよね。

一昨年長野善光寺で開催された「御開帳」、
正確には「善光寺前立本尊御開帳」といい
数え年で七年に一度、秘仏である御本尊の
御身代わり「前立本尊」(鎌倉時代・重要文化財)を
本堂にお迎えして行う壮麗な行事です。

いっぽう出開帳とは

開帳というのは、ふだん秘仏になって拝めない仏様を、
一定の期間だけ帳(とばり)を開いて、
広く人々に拝ませることを言う。
開帳にはその社寺で行う場合(居開帳)と、出張して行う場合(出開帳)とがある。
善光寺の出開帳は江戸・京・大坂で行う三都開帳と、諸国を回って歩く回国開帳があった。
近世には出開帳が盛んだった。
善光寺では本堂はじめおもな建物を、みな前立本尊の出開帳収入でまかった。

そんなわけで、ちょっと強引ですが
松葉屋の出開帳。

いつも長野まで足を運んでいただく感謝をこめて
逆におすまいの近くに出向く
そんな出張企画展です。

例年お邪魔する地域は
松本と、新潟の上越市・・・

今年春の松本展会場
松本展

昨年秋の上越展会場
上越展

そして昨日のブログでスタッフ須坂が紹介した、
東御市 クルミ菓子で有名な御菓子処・花岡さんで開催中の
「一枚板テーブルと暮らしの道具展」です。

https://www.matubaya-kagu.com/pdf/event/2016/20160826.pdf

まるで松葉屋をそのまま移し替えたかのような
静かな佇まい。

東御市出張展花岡さん

是非お出かけくださいね。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

冬のくらしとホームスパン展 生成り・白・グレー

こんにちは、スタッフの池田です。   12月2日...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑