欅(ケヤキ)の一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちは!
100年家具店主、松葉屋善五郎です。

今年の梅雨は、梅雨らしい、
それなりの降雨があって
それなりに蒸し蒸しして。

降る時には降るのが、やはり四季のある
日本らしさですよね。

ただ、降りすぎてしまうのは困ります。
地域によっては
「そんな悠長なこと言うな」っていうことも
あるかもしれません。

さてそんな梅雨空を縫って
長野県茅野市まで、大きな欅(ケヤキ)の一枚板テーブルを
お届けしてきました。

大きいってどのくらい?
2950mm えーっとつまりほぼ3m!

重さも凄くて。
松葉屋のふたりに加え、助っ人の赤帽さんおふたりの
総勢4人、盤石の態勢でしたが
やっぱり重いや。

ケヤキ一枚板

絵に描いたように端正で、
すばらしく美しい欅の一枚板。
ちなみに産地は静岡県です。

一枚板 欅

一枚板ケヤキ

設置した途端、
「ほー」とため息ともつかないような
声がお客様もふくめた居合わせた人から漏れたほど。

脚はテーブル(高さ70cm)と座卓(35cm)が兼用できるタイプ。
ひとまず椅子が決まるまで座卓でご使用されることになりました。

Iさま、100年でも200年でも
世代を超えて、末長くお使いください。

 

 

【夏の広葉樹一枚板テーブル展 開催します!】

「一生使える家具しかつくらない。
そこにこだわるから、松葉屋家具店だと思う。」

この夏、松葉屋にまた美しい杢の一枚板が集まります。

 

・長く、長く使えるものであること。
・使うひとの身体と心に
 無理のないものであること。

 

日本の山で長い時間かけて育った、
大径の広葉樹の一枚板で製作しました。

一枚一枚個性の違う木を眺めていると、
ひとりの人間の性格を見ているようでとても楽しい。

ぜひ個性豊かな一枚と出会いに、松葉屋へお越しください。

 

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹一枚板テーブル展
期間:8月1日(土)ー25日(火)

 

一枚板ケヤキ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。   子どもの頃、 ...

記事を読む

欅の一枚板でこんなデスク/テーブルを製作してみた

松葉屋家具店 店主善五郎です。 欅の一枚板でこんなデスク/テーブ...

記事を読む

松葉屋家具店 一枚板 楢

送電線を建設のために伐られた楢の木で、 一枚板を作りました

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

一枚板 水目桜(ミズメザクラ)とキラキラの清流

松葉屋家具店主の善五郎です。 水目桜(ミズメザクラ)は桜と名付け...

記事を読む

新着記事

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」 ある日あるところ、 ...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

松葉屋に安心してご来店いただくためのお願いです。(4/9更新)

松葉屋家具店 滝澤善五郎です。 内容を更新いたしました。再度お読みく...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑