お客さまからのお便り 上越市T様

こんにちは、スタッフの池田です。

 

およそ1年前に楠の一枚板テーブルを選んでくださった

上越市のT様からうれしいメッセージをいただきました。

 

・・・・・・・

 ご無沙汰しております。新潟県上越市のTです。

早いもので、楠のテーブルがわが家の家族の一員となり1年がたちました。

納品の際はお世話になりました。(1年ってはやいですね、年もとります ね・・・)

本日、クリーニングしてみました。

ふと考えたら、ご連絡差し上げていないことに気付きメールいたしました。

すいません<m(__)m>

納品していただいた時からくらべると、少し深い色になったのかなぁーと

思います。

これからも、磨いていきたいと思っています。やはり、購入当初に 考えて

いた「半分に切る」、しなくてよかったです。

池田さんのアドバイスのとおりでした。

木もこれだよかったんだよ!!と言っているような気がし ます。

これからも、アドバイスよろしくお願い致します。

写真を撮影してみましたので添付します。後日、子どもの座っている写真も送り

ますね。

また、お邪魔したいと思っております、その際はよろしくお願いします。

追伸 子どもがマジック(油性)で書いてしまったところは紙やすりでこすって

みました。若干ですが薄れてきました。

    これも、わが家の歴史の一部ですね^_^;

 

松葉屋家具店 一枚板テーブル
 
・・・・・・・・
 
添えられていた写真を見て
とってもきれいな事にびっくり。
大切に使っていただいている様子が伝わってきて
とてもうれしくなりました。
 

お子さんがマジックで書いたり
キッチンの近くなので、油が飛んでしまったり
いろいろな事が起こった1年だったと思います。
 
傷がついたりシミができた時はショック!
日常の出来事が
「あのときこんな事があった」と
ショックを乗り越えて
思い出になるのは
愛着を持って使う道具の良いところだなと
T様からのメッセージを読んで改めて思いました。
 

数日後送ってくださった写真には
「まつばやさんしゃしんです すずね」
というメッセージを持ったお子さんの写真が!
松葉屋家具店 一枚板テーブル
 
いいですね。
何だかのびのび過ごされている感じが伝わってきました。
お父さん、お母さんが「あっっ!」となることは
ほどほどに。
更にのびのびテーブルを使ってほしいです。

2015/12/10 | 一枚板, お客様の声

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。   子どもの頃、 ...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑