あなたが使っていた学習机、今どうなっていますか?

こんばんは!
一生使える家具店主、松葉屋善五郎です。

ちいさなお子さんを育てている
お母さん、お父さんからよくお聞きする声に

「入学前の子どもに、本物を与えても、どうせ汚すし、
乱暴に使って傷つけるからもったいない、わかりはしない」

私も以前は、そう考えていました。
でも自身の子育ての経験から、それは真逆ではないかと、
今は確信しています。

子どもは自然です。
子どもは体いっぱいで感じ、笑い、泣き、怒ります。
繊細で感受性豊かな子どもの時にこそ
「本物」に触れさせるべきではないでしょうか。

あなたが使っていた学習机は今どうなって
いますか。

多くの学習机は、
十年を過ぎると家の中の邪魔者になってしまいます。

実際に何人かのお母さんに聞くと、
邪魔になる家具No.1は学習机だと言っていました。
普通の学習机を後生大事に使い続けているという話は、
残念ながらあまり聞いた事がありません。

一方で、お父さんやおじいちゃんが使っていた
古い机を大切にお使いになっていると言うお話もお聞きします。

邪魔者になった机、結局はゴミになっていく運命です。

なぜそんな学習机を売るのか?
なぜそんな学習机を買うのか?

私は、そんな疑問を長い間持ち続けていました。
そんな思いから学習机を製作しました。

 

 

日本の山で育った広葉樹でつくる、

木の学習机展
開催中。

一生使える木の学習机

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑