黄檗(キハダ)の杢目と香り

こんにちは、スタッフの池田です。

先日から開催している
「一生使える木の学習机」展。

 
松葉屋の学習机は
毎年、職人さんが材料を見に行って
その時にある良い材でつくる机なので
出来上がる台数、木の種類が毎年違います。
 
今年やってきた学習机の中で
珍しい樹種が「黄檗(キハダ)」です。

 
 
杢目は、ぱっと見たところ
栗にも似ているのですが

何だか全体がぼんやりと黄色い・・・
光の当たり具合によって
黄緑色に見えたり
なんとも不思議な魅力があります。

松葉屋家具店 学習机 キハダ
 
樹皮に近いところが黄色くて
そこを煎じて漢方として飲んだり
(とても苦いらしいです)
布の染めに使ったり
 
材木としだけではなく
様々な使い方がされている木です。
 
 
「ミカン科キハダ属」
ということからなのか
何だか柑橘系のようないいにおいがします。
 
仕上げたての家具は
木の香りがよくするのですが
キハダは「何だかかいだ事のないにおい!」
と、杢目だけでなく香りも独特です。
 
 

学習机の他に
3本でつくったテーブルもキハダでつくったものが1台あります。
松葉屋家具店 テーブル キハダ
 
少し全体に黒っぽい色をしていて
より黄色いところが目立って見えます。
 
 
何だか気になる、不思議な木。
 
ぜひ見にいらしてください。

2015/11/29 | 学習机, 素材

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑