いよいよ御開帳も閉幕です

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの斎藤です。

昨日の午後5時をもって前立本尊の扉が閉じ、善光寺の御開帳が無事に終わりました。
本日、前立本尊が本堂を出て御宝庫に還る「前立本尊御環座式」という最後の儀式が行われ、これをもって行事のすべてが終了します。

そして、松葉屋で開催されている「亜麻色のうるしの器展」「松葉屋が選ぶ100枚のギャッベ」も本日が最終日です。

57日間続いた善光寺の御開帳ですが、
その間に、いつしかつぼみだった桜が咲き始め、満開になり、散り、
気がつけばもう夏の陽射しに備えて、青々とした葉を覆い茂らせています。

冬の気配を残していた街も、今はもう汗ばむような陽気です。
どこからか蚊取り線香の香りも漂ってきました。

早春から初夏へと、季節も移り変わっていきました。

明日から長野の街も、松葉屋も、いつも通りに戻ります。

少しさみしい気もしますが、七年後の次の御開帳の時には、もっと成長した自分、
そして松葉屋家具店になっていたいと思います。

御開帳期間、松葉屋にはたくさんのお客様にご来店いただきました。
すべてのお客様、誠にありがとうございました!
そして、そんな素晴らしいご縁をくださった善光寺にとても感謝しております。

今回残念ながら来られなかったお客様、松葉屋はいつでもお待ちしておりますので、お近くに来られた際は、是非いらしてください!

これからも松葉屋は、お客様とのご縁を大切にし、「いいものしか売らない」家具屋で有り続けていきたいと思います。

松葉屋 外観

松葉屋 善光寺を臨む

2015/06/01 | 未分類

スタッフ/斉藤広幸
書いた人スタッフ/斎藤広幸

四季折々の松葉屋の様子や、実体験を通して感じた百年家具・アートギャッベの素晴らしさを、得意の雑学(いらない情報)を交えてお伝えしていきます!
拙い文章ですが、みなさまに楽しんでいただけるよう精一杯がんばります!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑