松葉屋の一枚板テーブルの脚が「置き脚」の理由

こんにちは、スタッフの池田です。
今日は一枚板テーブルの脚についてご紹介します。

松葉屋の一枚板テーブルは

脚の上に板を乗せた「置き脚」です。

 

それだけを聞くと

「え?固定してないの?」「手をついて倒れたりしないの?」

など、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

大丈夫です。

 

一枚板の重さはかなりのもの。

手をついたくらいでは、板が浮いてしまうようなことはありません。

また、脚の幅も板に合ったものをつくり

置く位置も設置の際にバランスをとりながら調整しているのでご安心ください。

 
 

そして、脚を固定しないことで

いろいろな楽しみ方ができるのも「置き脚の」いいところ。

 

松葉屋の置き脚は「座卓とテーブルの兼用脚」

 

立てればテーブルとして

松葉屋家具店 一枚板テーブル 脚
 
 
寝かせれば座卓としてお使いいただけます。
松葉屋家具店 一枚板テーブル 脚
 
 
普段はテーブルとして使っていて
たくさんお客さんが見えた時には座卓に。
そうすれば、つめれば座れるので便利!
普段使わない椅子をたくさん持っておく必要もありません。
 
 
「こどもが小さいうちは床座りがいいんだけど、自分たちが年をとったら椅子の方が楽かな」
というお客さまも。
今は座卓で、数年後にテーブルでの使用を考えてらっしゃいます。

 
 
そして、もうひとつの楽しみ方は、
松葉屋の一枚板は両面使える状態の良い板を選んでいるので
ひっくり返して、裏と表の杢目の違いを楽しみながらお使いいただくことができます。
松葉屋家具店 一枚板テーブル

松葉屋家具店 一枚板テーブル
 
 
ただ、板はかなり重いものもあるので
ひっくり返すには家族全員の協力が必要なものも。
松葉屋家具店 一枚板
慣れている松葉屋のスタッフや職人さんであれば
すんなりくるっと裏返してしまうのですが・・・。
 
なかなかお家では難しい大きさのものもあると思います。
でも、簡単な方法もあるのでコツをお教えします!
「大変そうだから」と遠慮せず、お気軽に聞いてくださいね。
 
 
使い方を限定しないことで
家族の一員として迎い入れていただいた一枚板を
より永くずーっと使い続けていくことができると思っています。
 
100年、200年かけて育った木ですから
せめて木が生きた年月分くらいは使っていただきたい。
 
そう思うと、今の世代だけで使えるものよりも
また次の世代になった時に、使い方を自分たちで考えられるものを
つくっていきたいと思っています。

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑