水目桜のテーブルをお届けしました。

こんにちは、スタッフの須坂です。

昨日、ご新築されたお客様へ
水目桜のダイニングテーブルをお届けしました。

このご新築に合わせてお選びいただいたのは6月の中頃、
昨日は丁度お引っ越し作業中のお届けとなりました。

松葉屋3枚剥ぎテーブル 水目桜

お部屋の中は、桜の床にヒノキの腰壁
淡いやわらかな色の空間に水目桜の杢がとても良く合います。

松葉屋の水目桜の3枚剥ぎテーブル

お届けの際のご主人の言葉が胸に残りました。

『正直、本当に迷いました‥。
こんな良いテーブルを買って良いのかと!
でもやっぱり奇麗だ。選んで良かった!
次の世代まで大切に使います!』

材の選定から始まり、
職人が一枚ずつ手間をかけ仕上げていく家具なだけに
本当に心にひびくお言葉です。

職人にもしっかりとお伝えしたいと思います!

 


 

木の机とテーブル展

11月23日(木)〜2月12日(月)

松葉屋にて開催しています

2017/11/27 | 100年使う家具

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

松葉屋家具店 山桜一枚板テーブル

山桜の一枚板テーブル 東京都K様

こんにちは、スタッフの池田です。   マンション...

記事を読む

僕がずっと思い描いてきた家具づくりのかたち-宣言みたいなもの

僕は、ある想いに立ち止まらざるを得なかった。 ずっと、嘘をついている...

記事を読む

新着記事

ギャッベの色どり。「秋の散歩道」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑