一生つかえる木の学習机『黄檗』

こんばんはスタッフの須坂です。

只今展示中の”一生つかえる学習机”を
少しずつご紹介して行きたいと思います。

今年は栗、山桜、胡桃、黄檗、栃、栓、楓の
7種類の木で製作をいたしました。

その中で、
まずは珍しい『黄檗(キハダ)』をご紹介いたします。

松葉屋の一生つかえる木の学習机 黄檗

あまり聞き慣れない名前に
首を傾け眺める方も多い木ですね。

杢目は栗にも似ていますが、
栗より少し緑色がかった奥深い色で
少し渋い印象をうけます。

松葉屋では少しずつ定番化してきていますが、
珍しい樹種ですので、
今年は”一台のみ”の製作となりました。

今回製作したものは、
ほど良く節や杢もあり、
とても表情の良いデスクに仕上がっています。

松葉屋の一生つかえる木の学習机 黄檗 引き出しの中も無垢材です

とは言え、
やはり身近な木ですので、
森へいくツアーで戸隠を散策した際にも
キハダの木に出会う事ができました。

黄檗の木 森へいくツアー戸隠森林植物園2
触るとコルクのような弾力のある樹皮をしていて、
実は胃腸薬にも入っていたりする
意外と誰もがお世話になっている木だったりもします。

 
毎年どの木で何台ご用意できるかわからない。

『今年はどんな木で作れるだろう?』 と

自然木をつかう家具店ならではの
家具づくりの楽しみがありますね。

店頭で是非ご覧になってください。

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑