安心できる学習机の簡単な見分け方

学習机

学習机を購入しようと売り場に行ったとき、安心できる机を簡単に見分ける方法をお教えします。

ズバリ「店員さんに尋ねる」です。

次の質問だけ行ってください。

「素材は何ですか?」
「塗装方法は?」
「子供が使って安心ですか?」
「壊れたときはどうすればいいですか?」

店員さんの答えが本当であろうが、なかろうが、あんまり関係ありません。

4つの質問にしっかりと答えられるかどうかです。

その対応の仕方を見定めてください。

答えの内容がはっきりせず態度もしっかりしていなければ、そこで買うのは考え直したほうが良いと思います。これも、安全性のためです。

長く使えるものの簡単な見分け方

「長く使えない」という意味はふたつあります。

ひとつは壊れたり傷んだりして使えないこと。
そして、飽きてしまって使いたくなくなること。

最近の家具は比較的丈夫で、例えば、1000円くらいのカラーボックスでも、すぐに壊れることは少ないです。とすると、長く使えない理由は「飽きてしまったから」。あるいは「ライフスタイルにあわなくなった」という商品不具合以外のことが大きいと思います。

長く使える学習机を購入したいと売り場に行った時、簡単な見分け方があります。素材でしょうか?デザインでしょうか?つくりでしょうか?実は一つだけです。

お子さんを机に座らせた後、お母さんあなたがその机に座ってみてください。お子さんの二十数年後の姿がそこにあります。二十数年後のお子さんはその机を使っていますか。使っていて楽しいですか?ご自身の立場で考えてみてください。

追記

なかなかこれから勉強をしていくというお子さんに数年後のことを想定させることは難しいと思います。ですので、ご自身の学生時代(中学生・・・高校生・・・)のことを思い出してご購入を検討して頂くといいかもしれません。私の意見としましては、引き出しの多い机は、ゴミを入れてしまいたい気持ちになってしまいますので、良くないな〜!と思います。

2013/05/17 | 未分類

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

蓋閉めて

贈り物を入れる手作りの箱

こんにちは、スタッフの須坂です。 松葉屋の中で万屋(よろず屋)的...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(6/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑