一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。

 

先日、楠の 一枚板テーブルをお使いいただいている
長野市T様のお家へおうかがいしました。

昨年のお届けからもうすぐ1年。
使われてみての感想や
困っていることなどないか
お話を聞いたり、少しだけお手入れもしてきました。

松葉屋家具店 楠  一枚板

1年お使いいただいたといえ
とてもきれいに使ってくださっていて
特に大きな傷もシミもなく、少し全体に色が濃くなって
また良い雰囲気でした。

特に何も気にせず使って
普段は水拭きをされているということでしたが
かえって気にしないことが良いのか
木の表面もなじんで、細かい傷などもまったく気になりませんでした。

 

何かお困りのことはありませんか?

という質問にも
「特に・・・ないですね。」
ということなのですが

 

それでもと、お送りしていたお手入れセットの石鹸を使って
拭くなど、ちょっとしたお手入れをすると
手触りも少ししっとり、よりいい気持ちになりました。

奥様と2人で楠の 一枚板を囲んで
周りをくるくる・・・
ここがいい色ですね、と眺めながらお話ししていたら

 

「そういえば、この辺が少し木の割れがある気がして、どうですか?」

と、ご主人が気にされていたということを思い出してくださいました。

 

見てみると、木の癖で乾燥するときに入った割れを補修したところが
少しだけすき間が空いていました。

松葉屋に置いていた頃とお部屋の乾燥具合も違うので
少し冬の乾燥する季節を経て、動いたんですね。

 

使うのには問題がないのですが、ここをヤスリをかけるかどうするか
迷われたことがあったということ。

木がここからさらにねじれたり割れたりすることはないですが
使い勝手として、布巾が引っかかったり困ることがあったら
また声をかけていただくことになりました。

 

「ちょっとしたこと」

と、奥様はおっしゃっていましたが

言うほどのことではないかな、ということも
気になったけど、忘れていたことだと思うので
思い出してスッキリしてもらえたのかな、と思って
私も少しスッキリしました。

 

他にも

椅子の脚を少し切ったほうがいいかな・・・

サイドテーブルがあったらいいかな・・・

 

など、日頃ふと思った家具の使い勝手もお聞きできました。

 

みなさん、日々忙しくされているので

私たちみたいに、毎日家具や木のことばかり考えている訳ではないですし

ふとした事も流れていきますよね。

 

ですが、使ってみて、疑問に思ったことや

どうなんだろう?

ということは

その時でも、思い出してからでも

なんでも聞いて、スッキリしてくださいね。

2018/06/10 | 一枚板

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで01「原木を選ぶ」

こんばんは。100年家具店主、善五郎です。   ...

記事を読む

新着記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑