一本そりと薪割り

山から切り出した木を運ぶ方法はいろいろあります。

長野県の北西に位置し、特別豪雪地帯に指定されている小谷村では、伐った木を運ぶために「一本そり」を使っています。いまでは使える人が少なくなっているともいわれている「一本ぞり」を使った運び出しの様子を、森へ行くツアーで行った大網地区で体験してきました。

山に入るのは冬から春へと切り替わる3月下旬。小谷村ではこの時期もまだ雪が残っていて、日中で溶け始めた雪が夜の寒さで締まっています。厳寒期のふかふかな雪質では歩けない山中も、この時期の固い雪質なら、大きなそりを担いで山を登ることが可能になります。一方で雪が完全に溶けてからだと下草や笹があって重機などが必要になってしまいます。斜面が多く、雪が多いこの土地の特徴を生かした木の運び方なのです。

当日は切り倒した木を運びやすい長さに伐ってからそりに積んで、スノーボードの要領でそりを滑らせながら斜面を下ります。木の重さをコントロールしながら滑らせて道の近くまで降り、そりの手を離すとごろりと道に落ちる丸太。雪が溶けて春になるまで道端に置いておいて、木の水分が抜けて少し軽くなった頃に薪として使うため家まで運びます。これらの木の多くは薪として使われています。お風呂の釜に、薪ストーブに、時には釜戸のご飯、そして炭焼きの材料に。薪は昔から大切な燃料でした。

丸太のままでは燃えにくいので、薪割りをして薪をつくります。割ると木の中の水分も放出されて木が乾くので、割ってからしばらく置いておくと、最適な燃料になります。 初めて薪割りをしてみると、思うように割れません。節がある木だと、より苦戦します。大切なのは腰を落とした姿勢と持ち手のバランス、タイミングがうまくいくと、スパッと綺麗に割れる。うまくいった時の感覚を覚え、木のくせも考えつつ、鉈の重さと反動でうまく割れるようになると、大変だった薪割りが「ちょうどいい運動」になるそうですよ。

※この記事は「松葉屋通信43号」に掲載したものを再編集して紹介しています

関連記事

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

里山の炭焼き

木炭は、木材を蒸し焼きにし炭化させて作る炭のことをいいます。 日...

記事を読む

森と木と火の関係

国内の用材不足によって輸入材が用いられるようになった1960年頃から、...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑