上質でかけがえのない、ギャッベのある暮らし。

松葉屋店主、善五郎です。

 

ギャッベのある暮らし

冬暖かく、夏はサラッときもちいい。

 

ギャッベをつかいはじめると

心地よさや美しさ

かけがえのない家族のような感覚を

ほかの人に、伝えたくなってしまうようです。

 

ギャッベをお使いのSさまから、こんなお便りをいただきました。

 

「生活に溶け込む家族のような

           存在になっています。」

                         神奈川県鎌倉市 Sさま

 

ギャッベのある暮らし

サイズ:235cm × 175cm

 

以前、母と2 人で長野へ旅行中、

ふと立ち寄った松 葉屋さんでギャッベ展が開催されており、

そのとき 目にしたギャッベの色使いが

強く印象に残っていました。

 

いつかゆっくり見てみたいと思いました。

「その1枚」 に出会えるか期待と不安が入り混じる 中、

今、手に入れるべきか? 待つべきか?

迷い ながらも、

今回、実際に何枚ものギャッベをめくって見せて頂いている中で、

目に飛び込んできた色と第一印象が、2 人共に気に入り、

購入を決めました。

「空と大地」、「海と砂浜」、

このギャッベに名前をつ けるとしたら、

そんな言葉が思いつきます。

 

ふたつの対照的なものが合わさって、

ひとつの形になるように織り成されたギャッベを眺めていると、

「繋がり」 「結び付き」 そんな意味が込められているようにも感じます。

ギャッベのある暮らし

 

 

ギャッベの数だけ、人々の暮らしがある。

こんなきれいな色を眺めながらくつろげるな んて、どんな気分なんでしょう。

味わってみたいです。ブルーと白と木の色、絵になりますね。

どこよりも美しい

何よりもきもちいい

上質なギャッベに出会うなら

 

 春のゾランヴァリ・アートギャッベ展

  「大地と空、火と草色のじゅうたん」会期が決まりました。

 昨年12月に買い付けした、ゾランヴァリ・ギャッベをさらに選定した400枚

 2019.4月20日(土)〜5月6日(月)

 楽しみにお出かけください!

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑