YMO「EXPECTED WAY/希望の路」と、歩道のタバコの吸いがらについて雑感

 

こんばんは。

松葉屋家具店主、善五郎です。

 

この曲知ってますか?

僕はYMO後期のアルバム「浮気なぼくら」の中の一曲、

EXPECTED WAY/希望の路が好きです。

1983年5月の発売だから、もう35年も前のアルバムなんですね。

 

当時、歌謡曲路線に舵切った曲調に

YMO変わっちゃたな。終わったな。

そうと思っていたのに。

ところが今更聴き直すと良いんですよ!

 

知らない人はいないと思いたいですが

YMO=イエロー・マジック・オーケストラ

goo.gl/XsCWuE   wikipedia参照

 

こんな曲です。

 

EXPECTED WAY/希望の路

 はるかな道を超えて

 ぼくはここへやってきた

 重いかばんを捨てて

 残したものは何もないはず

 

 窓を明かり

 いつものとおり

 愛していた部屋の空気

 開けたままの本のページ

 

 灰皿には煙草の吸い殻

 

 ぼくは振り返れずに 誰かの呼び止める声 にも

 この手でドアを開けて
新しい道を見ている

 

 きっと君はいつものとおり

 テレビを見て一人笑い

 飲みかけのお茶を置いて

 ベルの音にまた立ち上がる

 

(歌詞掲載大丈夫?)

 

なぜそんな話しをするのかっていうと

強引に話をこじつけますね。

 

僕の朝掃除の役割は、店前の掃き掃除です。

冬は雪かき、春から夏、秋になると落ち葉でいっぱいになります。

ちょっとたいへんだけど、きもちのいい朝の時間なんです。

 

ひゃー落ち葉がいっぱい!

 

そんななか、毎日ひとつは落ちているのが

「タバコの吸いがら」なんです。

タバコの吸いがらは、葉っぱと違って意図してポイッて、捨てているわけで。

ポケットから自然に落っこちるものではないですよね。

僕はタバコを吸わないからわからないですけども。

 

 

ようやく「希望の路」の歌詞につながりました。

タバコの吸いがらを見つけるたびに、

頭に「希望の路の歌詞

 

窓を明かり

いつものとおり

愛していた部屋の空気

開けたままの本のページ

灰皿には煙草の吸い殻    

ってリフレインするのです。

やっとつながったあ!

 

映画とかで、タバコを吸うシーンは多いです。

先日も三宅唱の「きみの鳥はうたえる」を観ましたが、

「僕」が「佐知子」にライターを借りる場面がありました。

ん?吸うシーンはなかったかも。

 

タバコの是非については控えます。

ただ松葉屋の前で、

毎日ひとつはタバコをポイ捨てする人がいるのだという

事実だけお伝えしておきます。

 

2018/11/02 | 善五郎ブログ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

タバコのポイ捨て

タバコのポイ捨てって、なぜなくならないと思う?

松葉屋店主の 善五郎です。 僕の朝の日課は、店の前の掃き掃除です...

記事を読む

ダイニングテーブルを選ぶ。大きさ・高さの考え方・基準

こんにちは 100年家具店主、善五郎です。   ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 ミニギャッベ

「200枚のちいさなギャッベ」展がはじまりました

こんにちは、スタッフの池田です。   200枚の...

記事を読む

春のギャッベ展搬入・しつらえ中です。

松葉屋家具店主、善五郎です。 春のゾランヴァリ...

記事を読む

松葉屋家具店 配送 一枚板

欅の大きな一枚板お届けしました。  滋賀県長浜市「手打ちそば 掌山さま」

こんにちは、スタッフの池田です。   2月のはじ...

記事を読む

松葉屋家具店 四方棚 ガラスケース

栗と胡桃の「四方棚」ができました。

こんにちは、スタッフの池田です。 栗と胡桃で作った ガラスの「...

記事を読む

艶やかな胡桃の 一枚板

松葉屋の職人さん

こんばんは、スタッフの須坂です。 松葉屋では2月16日から始まる...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑