エッセイ「ギャッベの物語」

こんばんは。

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

すっかり長野は、春。

はじまりを迎える制服姿の子どもたちにお祝いするような、
あたたかい日々が続いています。

これまでに私たちは
大好きなゾランヴァリ社アートギャッベに名前をつけて、
絵本のように物語をつくってきました。

そんな「ギャッベの物語」を
エッセイとして綴る連載。

時々、気まぐれに、ご紹介していきますので、お楽しみくださいね。

instagram 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

Facebook 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

こちらにも投稿していきますので、
ときおり時間があれば、ふらりと訪れてみてくださいね。


『 アルバム 』 

光とともに変わるトルコブルーに包まれた小さな島は、

五月の風が吹いている。

色とりどりの魚と珊瑚、星のきらめき。

あの日々のアルバム。

 


『 旬をいただく 』 

寒さのきびしい大地から芽をだす春野菜の美しさ。

蕗のとう、セリ、菜の花、春キャベツ。

栄養とデトックス力がいっぱい。


『 神さまのごちそう 』 

ながい冬の間、下ごしらえして「やっとできたよ」、と神様。

やわらかくて爽やかな甘い香りの上等な草。

さあ、みんなそろって「いただきます」。


『 手のひらで 』 

人間の肌が生まれかわっていくように、

地球も日々、生まれかわっているのだろうか。

洗った顔を手のひらでやさしく包みこむように、

みんなで地球を包みたい。


「大地と空、火と草色のじゅうたん展」 
2018年4月21日~5月6日 

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ#gabbeh #zollanvari#ゾランヴァリ

 

2018/04/12 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑