エッセイ「ギャッベの物語」

こんばんは。

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

すっかり長野は、春。

はじまりを迎える制服姿の子どもたちにお祝いするような、
あたたかい日々が続いています。

これまでに私たちは
大好きなゾランヴァリ社アートギャッベに名前をつけて、
絵本のように物語をつくってきました。

そんな「ギャッベの物語」を
エッセイとして綴る連載。

時々、気まぐれに、ご紹介していきますので、お楽しみくださいね。

instagram 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

Facebook 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

こちらにも投稿していきますので、
ときおり時間があれば、ふらりと訪れてみてくださいね。


『 アルバム 』 

光とともに変わるトルコブルーに包まれた小さな島は、

五月の風が吹いている。

色とりどりの魚と珊瑚、星のきらめき。

あの日々のアルバム。

 


『 旬をいただく 』 

寒さのきびしい大地から芽をだす春野菜の美しさ。

蕗のとう、セリ、菜の花、春キャベツ。

栄養とデトックス力がいっぱい。


『 神さまのごちそう 』 

ながい冬の間、下ごしらえして「やっとできたよ」、と神様。

やわらかくて爽やかな甘い香りの上等な草。

さあ、みんなそろって「いただきます」。


『 手のひらで 』 

人間の肌が生まれかわっていくように、

地球も日々、生まれかわっているのだろうか。

洗った顔を手のひらでやさしく包みこむように、

みんなで地球を包みたい。


「大地と空、火と草色のじゅうたん展」 
2018年4月21日~5月6日 

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ#gabbeh #zollanvari#ゾランヴァリ

 

2018/04/12 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

ギヤツべを見ていると聞こえてくる、 絵本の一場面のような物語。

ギヤツべのふるさと 大地、土の色、 風...

記事を読む

ギャッベって不思議だね。見ていると絵本の一場面のように物語が聞こえてくるよ。

松葉屋の店主、善五郎です。 美しいギャッベを見ていると、色んなこ...

記事を読む

ギャッベ展 会期中の賑わい

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   10月...

記事を読む

ギャッベの搬入と、展示のしつらえがおわりました。

  100年家具店主、松葉屋善五郎です。 &nb...

記事を読む

ギャッベの色どり。「秋の散歩道」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

no image

一枚板お炬燵をお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 昨日は雪が舞い、本日は冬晴れ青空...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

ダイニングテーブルを選ぶ。大きさ・高さの考え方・基準

こんにちは 100年家具店主、善五郎です。   ...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑