広葉樹一枚板テーブルができるまで

100年家具店主、善五郎です。

お盆も終わり信州は急に夏の夏の終わりを感じさせる
気候になりました。

朝夕は涼しく、1日の寒暖の差が大きくて
少し体調を整えるのが難しい時期でもあります。
夏の疲れも出てきますしね。

僕自身、少し夏風邪っぽくて少し元気がないんです。

さて、現在、松葉屋では「広葉樹一枚板展」を開催しています。


ものによっては樹齢200年にも及ぶかと言う
大径木の広葉樹が揃っています。

「こんな大きい木、どこから持ってきたんですか?」

「こんなに大きな木が、日本にあるなんて信じられないです」


そういうご質問をよくいただきます。

そこで木材たちの少し上流をたどって、私たちが買い付けする銘木市と
製材の現場をご紹介します。





 




この銘木市では、日本でも指折りの
国内産広葉樹がたくさん集まります。

時代が流れても、暮らしの形が変わっても、
銘木市に携わるのは「木の底力」を知っている人たちです。

 

次に原木の製材風景です。

 





 


 


迫力の製材風景です。
巨大な丸太が吊り上げられ、大音響とともに肌の形状や、木、状況を見極め、
製材されていきます。
そのたびに現れる杢目が見事ですが、これだけの巨木でも、
松葉屋に並ぶような美しい1枚板は、
一本の丸太から
運がよくても2〜3枚なんです。

 

一本の木の命を頂くように、

できるだけ永く、人の手によって、愛されるものであってほしい、

と思うのです。

 

ただいま開催中です。

「樹齢200年 広葉樹一枚板のテーブル」展

 

身近な山で育った広葉樹一枚板のテーブルを

丹精込めて製作しました。

 

8月27日(日)まで開催中

10:00~18:00

お休みが変則的なのでお気を付けください。

お休み:17(木)、22(火)、23(水)

 

 

2017/08/17 | 一枚板

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

松葉屋家具店  一枚板 楠

大きな大きな楠の 一枚板

こんにちは、スタッフの池田です。   4月のおわ...

記事を読む

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑