森へいくツアーVOL.5 下見に行ってきました_1

こんにちは、スタッフの池田です。

昨日、6月に開催する森へいくツアーの下見に
小谷・大網(おあみ)と大町の林業地へ行ってきました。

 

今回の森へいくツアーは過去4回とは場所や内容を少し変えて開催します。

4回のツアーを通じて
森の成り立ちや、植生、いろいろなことを参加者の皆さんと一緒に学んで
知って、戸隠の自然を楽しみました。

そんな中で、より木と暮らすことや
私たちが使う木を育てる仕事のこと
それに従事する林業のこと

もっともっと森の中へ森林のことを深く知る活動にしたいと思いました。

そんな思いを
「がくさん」こと、細井さんという木こりと本屋さんの選書をお仕事にしている
とっても楽しい方
にお話ししたところ、ぴったりの方々がいる!と
今回のツアーの行き先となる
「くらして」さん
「山仕事創造舎」さん
を繋げていただきました。

 

「くらして」の前田さん、北村さんは
小谷村の大網という土地に住み、田畑を耕し、山の手入れをしながら暮し
「大網農山村体験交流施設つちのいえ」を管理しながら
宿泊者の受け入れや、様々なワークショップをされています。
松葉屋家具店 くらして つちのいえ

今回はつちのいえが宿泊場所になります。
古民家を改装されて、開放感のあるとっても居心地のいい場所です。

大網の集落の周りはぐるりと木が囲み
山に入って木を育ててその恵みをいただきながら暮らすことをずっと続けてきた場所です。


森へいくツアー1日目は里山へ
山へ入って木を使いながら暮らすことを
たくさん聞いて、体験しようと思います。
くらしてさんの、里山のご飯と、夜の温泉も楽しみなところです。

昨日少しだけ歩いた里山は大網の人たちが手を入れている
新緑が気持ちよくて明るい森の中でした。
たくさんの木に囲まれているのに、威圧感がなくてほっとできるのが不思議な感覚でした。
怖くないんですよね。
ツアーを開催する3週間後にはまた違った表情を見せてくれると思います。

 
続いての行き先は
ツアー2日目に行く大町の林業地
山仕事創造舎の香山さんの元へ移動しました。

つぎへ続く・・・

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

松葉屋家具店 栗一枚板テーブル

奈良県桜井市Kさま 栗の一枚板テーブルと大きなカヤの木・カヤの実を食べる。

こんにちは、スタッフの池田です。   栗の一枚板...

記事を読む

今年最初のおおきな木 諏訪大社

こんにちは、スタッフの池田です。   どこへ出か...

記事を読む

2018年 あけましておめでとうございます

2018年 謹賀新年   皆様が健康で晴々とした 良い...

記事を読む

森へいくツアーvol.6 開催しました。2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   10月に開...

記事を読む

新着記事

ギャッベの色どり。「秋の散歩道」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑