「これがないとさみしくてね」草原のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。

先日、お客様のお家に
テーブルの採寸にうかがった際に
今年の春に選んでくださった
やさしい緑色のギャッベの
写真を撮らせていただきました。

テーブルのお話しも一通り終えて

ギャッベのお話しになったとき

お客様がお話ししてくださったのは
生まれ育った北海道のこと。

ご兄弟は北海道のあちこちにいるので
たまに帰省した時には
車で今度は妹さんの家
お姉さんの家
という具合に
ちょっとした「旅」になるそう。

北海道といえど
海に近いところ
内陸のところで
ずいぶんと風景が異なって

たまにアイヌの気配も感じながら

私もそんな不思議な土地に興味を持っていたので
思いがけずとても楽しい気持ちになりました。

選んだギャッベは
北海道の草原を思い出す色で
春の若草がキラキラしている景色みたいでしょ。
と、とてもうれしそうにお話ししてくださいました。

帰り際
玄関まで送ってくださって
しみじみとギャッベを見ながら
「これがないとさみしくてね。」と。

松葉屋家具店 アートギャッベ

まるでその場所にあつらえたように
サイズもぴったりと
玄関に敷かれています。

2016/08/09 | アートギャッベ

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店 町の中の森 ウリハダカエデ

松葉屋のちいさな森 

こんにちは、スタッフの池田です。   梅雨入りし...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑