ゾランヴァリ・アートギャッベ 「大地と空、火と草色のじゅうたん展」が今週末から!

こんにちは!

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

 

いよいよこの週末、10月24日(土)から開催の

ゾランヴァリ・アートギャッベ
大地と空、火と草色のじゅうたん展」

 

毎回毎回、たいへんな賑わいを見せています。

前の「アートギャッベ展」の雰囲気をご覧ください。

 

 

アートギャッベ

アートギャッベ

 

● アートギャッベ GABBEH とは?

イラン南西部シラーズに生活するカシュガイ族の遊牧民の織り子さんが

100%ウールで

100%手紡ぎ

100%草木染め

100%手織り

 

こころこめて織りあげた、魔法のように気持がいいじゅうたんを

GABBEH=ギャッベといいます。

 

なかでも、選りすぐりのウールを、選ばれた技術の高い織り子さんが

瑞々しい感性で、

一枚一枚織りあげる「ゾランヴァリ社の アートギャッベ」。

 

一切図柄が決まっていないので、同じものは世界に2つとありません。

化学素材や染料を使わないため、アレルギーやダニなどに
悩むかたにも、

安心してお使いいただけます。

 

 

「松葉屋で見たギャッベって、他のと全然違う。」 

ウールとひとことでいっても、品質は様々です。

高地帯から低地の雑種まで、多くの種類が生息します。

 

そのなかの
ザークロス山脈の2500~3000m級の

高地に育つ羊(マウンテンヒル種)は

高地特有の乾燥に加えて、寒暖の差が激しい過酷な環境で生活しています。

 

必然的に身の保護のため、毛のキメが細かい長毛・直毛・多脂分となります。

 

その毛にはウールグリース「ラノリン」という油分がたっぷり乗っていて、

ゾランヴァリ社のギャッベでは、それをほとんど脱脂せず使います。

 

昼と夜の寒暖の差が時に30℃以上あるきびしい場所の羊の毛は
体を守るため

自然の調温・調湿効果をもたなくてはなりません。

ですから真夏の暑いときもさらっとして、

もちろん寒い冬にも気持いい

もー手放せない使い心地。

 

たとえば、お風呂あがり。

素足で歩くとすぐに足の裏がさらっとする。

これからの冬そして暑い夏にも使いたい、気持ちいいじゅうたんなんですね。

 

アートギャッベ

 

長野でギャッベに出会うなら

長野市善光寺門前
松葉屋家具店+くらし道具学研究所

この上ない上質なギャッベに会いに来て下さい。

ゾランヴァリ・アートギャッベ500枚に会える
「大地と空、火と草色のじゅうたん展」

10月24日(土)~11月8日(日)会期中無休

 

2015/10/19 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑