善五郎がうまれそだった場所  松葉屋 築百数十年の土蔵

こんばんは。
100年家具店主、松葉屋善五郎です。

今日は松葉屋の奥蔵にご案内します。
土蔵の築は明治の初期と聞いています。
130年はゆうに経っているということ!

土蔵の梁(ハリ)

ここは
僕が恐れ、畏怖の念さえ 抱かせる空間。

なぜなら…

こどものころ、悪さをすると母親に
土蔵に押し込まれ、どんなに泣いても出してもらえない
そんな体験がある場所だから。

怖くて立ち寄れなかった場所
今でも土蔵の二階に上がるたび、総毛立つような
でも母の懐のように包みこんでくれる場所。

土蔵の梁(ハリ)

ご太い梁(ハリ)は、長野市の西に位置する旭山の「赤松」と聞いています。
100年以上前どうやって切り出して、組み上げていったものなのでしょうか。

ちなみに旭山は、上杉・武田両軍の争奪戦が行われた山城。
http://www.furin-kazan.jp/nagano/shiseki/entry/000575.php

今、ギャッベと卓袱台、こんな展示をしたり楽しんだりしています。
土蔵の梁(ハリ)

残してくれたことに感謝です。

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

トヨタ100系ハイエースを一生乗る?

こんにちは。 松葉屋100年家具店主、善五郎です。 松葉屋が作...

記事を読む

思い出の桜 いつまでもそばに

こんにちは。店主滝澤善五郎です。 今、松葉屋では、お客さまからご...

記事を読む

松葉屋家具店 木漏れ日 葉がゆらぐ

木漏れ日 葉がゆらぐ

滝澤善五郎です。 松葉屋定休日に新潟にいきました。 仕事ではあ...

記事を読む

カラクリモノ  箱で考える

善五郎がつくってきたもの

こんばんは! 家具店主、松葉屋善五郎です。 ちょっといつもと違...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑