白漆のお皿 大きさいろいろ選ぶ理由

こんにちは、スタッフの池田です。

 

「これが漆なんですか?」

と、見た人が驚く色合いの

白漆の器の展示も

残すところあと2日になりました。

 

みなさんいろいろな理由で

選んでくださるので

お客さまとお話ししながら

「なるほど」と

たくさんものづくりのヒントをいただいた気持ちです。

 

松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
今回おつくりしたお皿は
5種類(写真に1種類足りないのは売り切れてしまったから)
23㎝のリム皿(ふちのあるお皿)と
大きさ違いのまる皿を4種類つくりました。
 
 
松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
リム皿は少し深さがあるので
汁気のあるパスタや煮魚なども乗せられます。
パン皿としておつくりしたこともあり
選んでいただいたお客さまは
ホットサンドを乗せます。とおっしゃっていました。
あと、軽いのでピクニックにも持って行けるかも・・・。と。
いいアイディアです。
 
 
松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
大きさ違いのまる皿は
一番大きなもので23㎝。
次が19㎝、15㎝、13㎝。
 
一番大きなものはリム皿同様
メインのおかずを乗せて使い、
次に小さい大きさのものもそうした使い方を。
 
少し小さなものはケーキや副菜をのせたり
取り皿としても活躍してくれます。
 
 
お皿の大きさを選ぶとき
みなさん、普段一番使う大きさを想像して選ばれます。
 
一人暮らしの方だと
大きいお皿だけで食事は事足りるからと大きいものを。
 
朝は和食で
お皿は夜ご飯の時に必要だから
中ぐらいのお皿が活躍してくれる。
 
いろいろな種類を少しずつ分けるから
小さいお皿がたくさん家にある。
 
 
漆のお皿は使い心地がいいから
ついつい何気なく手に取ってしまう。
でも、一度に全部を漆器に変えるのは
ちょっと難しいから
普段一番使い勝手のいい大きさでまずは使ってみて
少しずつ、少しずつ
大きさ違いでそろえてみるのがいいかもしれません。
 
 
そしてこんな楽しい使い方も。
松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
微妙に色合いの違う
お皿・フォーク・スプーンの組み合わせ。
 
とてもおしゃれで素敵です。

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

欅の一枚板でこんなデスク/テーブルを製作してみた

松葉屋家具店 店主善五郎です。 欅の一枚板でこんなデスク/テーブ...

記事を読む

松葉屋家具店 四方棚 ガラスケース

栗と胡桃の「四方棚」ができました。

こんにちは、スタッフの池田です。 栗と胡桃で作った ガラスの「...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 鹿革 端切れ

鹿革の小さな端切れをおすそ分け

こんにちは、スタッフの池田です。   椅子やクッ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑