vol.1 夏の糸と木のリボン | マルクトプラッツ

マルクトプラッツ

今から15年以上前に中央通りで開かれていた「マルクトプラッツ」。
ドイツでは一般的な街の中心地の広場で開く市を参考に、作り手と使い手をつなげようとはじめました。

イベントは回を重ねるごとに人の和が広がり、ふだんの街の様子とは異なる時間を楽しもうと、たくさんの人が訪れていました。

時を経て、松葉屋が新たな「マルクトプラッツ」をはじめます。

月1回「素材」をテーマに、作り手が作り手を紹介していくリレー形式の企画展。

第1回は「夏」をキーワードに、さらりとした手触りの手つむぎ糸作品と、清涼感あふれる木の香りが広がるカンナ屑を使った作品の展示や、素材に親しむワークショップを開催します。

夏の糸(by 糸の会)

27日開催。糸車を使って、人の手で丁寧につむがれていく糸。編み方や使用する糸を工夫することで、季節ごとに必要な作品が作られます。

ワークショップでは、手製のスピンドルを使い、綿くり、弓うち、綿紡ぎまで一連の行程を体験します。

ワークショップ【要予約】

10:00-12:00 または 13:00-15:00
参加費:2,500円(お一人様)
【申込】は7月20日までにitotoiton@yahoo.co.jp(@を半角に)もしくは、090-9856-3663までご連絡ください。

木のリボン(by 相澤 徳行)

両日開催。美しいカンナ屑を何らかの形にしたいという想いから誕生。木の種類によって異なる表情を楽しんでもらえる作品です。

相澤徳行プロフィール
長野県を中心に活躍するグラフィックデザイナー、クリエイターズユニット「nana’t」のメンバーでもあり、ものづくりの楽しさ、表現する楽しさを追求しています。

ワークショップ
テラスペースを会場にいつもとは違う門前の景色を楽しみながら、カンナ屑でボンボンを作ります。相澤さんの作品はこちらで販売します。
参加費:1,000円(お一人様)

ギャラリー
土蔵2階では、木のリボンやブーケなど見て楽しんで頂ける作品を展示します。

ショップ

オーガニックコットンを使った肌触りの良い夏の靴下や涼しげな織物や小物などを販売します。

水上真澄
長野市「羊毛雑貨製作所糸や十糸」店主。
使い心地の良い物作りを目指して制作している。

草木染めのショールや、奄美大島を訪れた時に泥染した糸で作ったオリジナル作品が並びます。

森田久枝
東京都在住。綿やシルクなどさまざまな素材と遊ぶように制作している。

マルクトプラッツ

2013/07/16 | イベント, 活動

関連記事

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

冬のくらしとホームスパン展 生成り・白・グレー

こんにちは、スタッフの池田です。   12月2日...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑