ギャッベのある暮らし

こんにちは。

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

秋のゾランヴァリ・アートギャッベ
「大地と空、火と草色のじゅうたん展」が

はじまりました。

 

一枚の絵画に出会うように、

心地よい家族の巣ごもりの場をつくるように、

皆さま思い思いのギャッベを選んでいかれます。

今回もどんな出会いをお見送りできるかと、一枚一枚のギャッベをめくるたびに、ワクワクしています。

 

さて、今回は、これまでに寄せられたお客様のお手紙から、ギャッベのある暮らしをいくつかご紹介します。


「偶然通りかかって……」

長崎県長崎市 Iさん
偶然通りかかって、デザインと触り心地が気に入って購入しました。主人の趣味の部屋で使っていますが、満足している様子です。
ただ、猫がものすごく気に入っているみたいで、困ってます(笑)。

「このギャッベうちに来る気がする……。

勢いで買ってしまいました」

長野県東御市 Tさん
ギャッベを知って以来、何度かギャッベを見に行き、迷い続けていました。とてもいいものだとはわかるのですが、高い。欲しいけど高い。そんな感じでした。
そんな中、このギャッベうちに来る気がする……と感じたものに出会えたので、勢いで買ってしまいました。後先考えずに…. 。
今、リビングで使用しています。ギャッベが生活空間にあるだけで、幸せな気持ちになります。
ところで、小さな子供もおりますので念のため、ノロウイルスなど、感染の恐れのある嘔叶物をギャッベの上にしてしまったときの処理方法を教えてください。塩素消毒などはできないと思うので、どうすればよいのでしよう?

お子さんの成長に合わせて、ギャッベがいつまでも、お家の居場所になるのが楽しみですね。

Tさんのように、ギャッベの応急処置が知りたい!という方も、きっと多いはず。そこで、次回のブログでは、ギャッベのメンテナンスについてお知らせしようと思います。どうぞお楽しみに。



10月、実りの月から初冬へ。

本日からはじまりました!
秋のゾランヴァリ・アートギャッベ
「大地と空、火と草色のじゅうたん展」は
10月21日から11月5日まで開催しています。

 

 

2017/10/24 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

ギャッベのある暮らし

ギャッベを見た瞬間 ビビビッ「これだ~ !!」って

    100年家具店主、松葉屋善五郎です...

記事を読む

松葉屋家具店 アートギャッベ ミニギャッベ ゾランヴァリ

色とりどりの、ちいさなギャッベを集めました

こんにちは、スタッフの池田です。   先月末から...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 凹みの補修

木の凹みのお手入れ

こんにちは、スタッフの池田です。   テーブルや...

記事を読む

街の中の、大きな樹に会いに行く

「山と森、木と人びとの暮らしを一本の糸につなげたい」 これが松葉屋が...

記事を読む

長野県立美術館 霧の彫刻

【まちなか観光案内所】長野県立美術館 霧の彫刻

こんにちは、スタッフの池田です。 梅雨かな、と思うような日もあったり...

記事を読む

広葉樹 木材センター

「山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい」

山と森、木と人々の暮らしを1本の糸につなげていきたい。 その思い...

記事を読む

松葉屋家具店 鹿革

鹿革の端切れを使う

こんにちは、スタッフの池田です。   数年前から...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑