一度は見ていただきたい椅子

こんにちは、スタッフの須坂です。

『モノの一生を考える』

松葉屋が暮らしの道具を提案し、
つくる上でとても大切にしていることです。

ここに
1700年代に生まれ、
その一生を今だ終えていない椅子があります。

18世紀のウィンザー

善五郎さんもお気に入りの
200年以上前のイギリスのウィンザーチェアです。

脚はすり減ったのか
よりゆったりと座るために切られたのか
少し短くなっています。

便利なものや機械など
そうはない時代に作られ、
何度も手をかけ直し
大切に使われてきた椅子です。

 

人が経験とそこから生まれた知恵を注ぎ

手間をおしまず作ったものには

「使えなくなる」

なんてことはないのかもしれません。

 

18世紀の椅子と美しすぎるギャッベ
この椅子は、松葉屋土蔵の二階でご覧いただけます。

椅子展もあと2日です。

どうぞ、生涯の椅子に出会いに来てください。
お待ちしております。

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

松葉屋 胡桃の椅子

美しい胡桃の椅子が仕上りました。

こんにちは、スタッフの須坂です。 ホームスパン展の土日を終えて、...

記事を読む

ウィンザーチェア展 長野県信濃美術館

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、信濃...

記事を読む

松葉屋の栗の小椅子とカウンター

さまざまな椅子を選ぶ

こんにちは、スタッフの須坂です。 先日、栗の小椅子をお届けしまし...

記事を読む

新着記事

no image

一枚板お炬燵をお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 昨日は雪が舞い、本日は冬晴れ青空...

記事を読む

松葉屋家具店 オーダー家具 キッチン収納

オーダーの家具づくり 物の時間の話 

こんにちは、スタッフの池田です。    ...

記事を読む

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

ダイニングテーブルを選ぶ。大きさ・高さの考え方・基準

こんにちは 100年家具店主、善五郎です。   ...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑