無垢の学習机・抽き出しの底板まで無垢板です

こんばんは!
100年家具店主 松葉屋善五郎です。

近くにタンスやテレビボードなどあったら
抽き出しや裏板を見て下さい。

間違いなく、合板(いわゆるベニヤ)で作られているはず。

「いや、抽斗(ひきだし)底だけじゃなくて、本体全部ベニヤだよ!」

ああ、ほとんどの量産家具はそうかもしれないですね….

合板(ベニヤ)板とは? Wikipediaより

合板(ごうはん)とは、薄く切った単板 を、
繊維方向を90°、互い違いに重ねて熱圧接着した
木質ボードのことである。

合板

日本 では、合板をベニヤ板(ベニヤいた)と呼ぶことが多いが、
本来ベニヤ (veneer) とは、単板を意味する(合板の英語はplywoodである)。
これは、1912年 に、範多商会がロシア から合板を輸入した際に、
ベニア板と呼んだことが広まったためである。

要するに薄く挽き割った板(ロータリー単板)を接着剤で
何層にも張り付けたもの。
一番の問題はその接着剤にありそうです。

合板の接着剤について Wikipediaより

石油化学 が発達する以前は、にかわ などの天然物質が使われており、
製造工程の精度の悪さとも相まって、合板には「剥がれやすいベニヤ板」
という粗悪なイメージがあった。

石油化学が発達してからは、安価な尿素樹脂 、あるいは耐水性を改善した
ユリア・メラミン樹脂接着剤が使われてきた。

これらは経年劣化により、
徐々に分解してホルムアルデヒドを発散することが問題となり、
現在は発散したホルムアルデヒドを吸収・分解するキャッチャー剤を
配合することで対策されているが、
それでも過敏な小児においてシックハウス症候群 やアトピー性皮膚炎 などの
原因になることが報告されている。

合板を使う家具と
合板を一切使わない家具
どちらを選びますか?

というわけで松葉屋の答えは…
余分なものは使わない、です。

無垢の学習机

松葉屋の、山桜材学習机の抽き出しです。
何から何まで、底板にいたるまで
全て、日本の山で育った山桜の無垢材。

接着は膠(ニカワ)を
亜麻仁油(あまにゆ)と蜜蝋のワックスで仕上げました。

無垢の学習机

関連記事

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑