松葉屋のちいさな図書館

松葉屋の一角にマイクロライブラリー(小さな図書館)がある。松葉屋らしくない、ベニアを切って白ペンキを 荒々しく塗っただけの棚。白い棚だから「白棚 shirotana」と名づけた。

本に関して言えば、実のところ学生時代から買ってきたクラフトやインテリアの本、それからアート系や趣味の本などが 収まりきらなくなって。 それなら来店いただいた方に読んでもらうのもいいんじゃないかと思った。

図書館と聞くと、僕は心地よい光景を思い出す。もう何十年も前、中学校の校舎の、歩くたびにギシギシ鳴る木の床。放課後に本を読んでいると、遠くの音楽室から聞こえてくる合唱部の女子たちの声。目当ての読みたい本が見つからずに、引き出しからラベルを一枚一枚見て探す。 それが貸し出しされてしまっていた時のちょっとした失望感。一週間とか二週間が永遠のように遠く感じられた。

本の古い紙の匂い。窓から冬の西日が差してくる景色。胸がキュっとなる言いようのない懐かしさ。そういう情景が松葉屋の中にあったらいいなと、ごく単純な考えから本を並べてみた。何か目的があるわけでもなく、ただ本がたくさん置いてあるというだけで感じる ワクワクする気持ち。

自分の本をみんなに見てもらうことは、実は少し恥ずかしい。キュレーターはいないけど、僕が何十年かけて選んだもの。
ふーん、こんなの読んできたんだ。 そう思ってほほえましく読みに来てください。

インテリア専門誌『室内』 発行者:山本夏彦 発行所:株式会社工作社 大学時代から休刊になるまで買い続けてきた『室内』。僕の歴史そのものかな。名物編集長の山本夏彦さんがいてこその雑誌でした。

 

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

「p a n + c a f e 」と、とある空間の記憶

記憶ある方もいらっしゃるかもしれないですね。 もう30年だったか、 ...

記事を読む

新着記事

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.2

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー 続...

記事を読む

「木材の追跡可能」から生まれる価値 香山由人さんインタビュー vol.1

こんにちは。スタッフの池田です。   先日、私た...

記事を読む

松葉屋家具店 ちゃぶ台 卓袱台

松葉屋のちゃぶ台(卓袱台)についてお話しします。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 本日は、松葉屋で作...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑