松葉屋「ギャッベのある暮らし」インタビュー01

こんにちは。

松葉屋店主、善五郎です。

2019秋のギャッベ展は9月29日まで。
今回もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございます。

「こんなに気持ちよくてきれいな、
たくさんのギャッベをみたのははじめてです」
そんな瞬間に立ち会えて、私たちは最高に嬉しい言葉です。

ギャッベってこんなに気持ちが良いものなの?と実際にさわっておどろかれる方がいたり、
待ちに待ったお気に入りのギャッベを見つける方がいたり。

この機会に、イランの遊牧民たちがつくる
美しくてきもちのいいギャッベにふれてみてください。

松葉屋ギャッベのある暮らし インタビュー 01 2019秋

 

今回のブログでは、
善五郎と佳子が、松葉屋のギャッベと暮らす人に会いに行き、
インタビューをしたときのことをご紹介します。

※本インタビューは、
松葉屋が発行する冊子「ギャッベ 108の暮らし 2019FW」にて
ご紹介しているものです。
「ギャッベ108の暮らし」のバックナンバーもありますので、
ほしい方はこちらまでご連絡ください。


 

ご主人と柴犬との穏やかな暮らし …。
そんな日々を重ねて、松葉屋の暮らしの道具を大切に使い続けてくださっている K さん。

まだ幼かった息子さんたちが、ギャッベの上で、すやすやお昼寝をしていたこと。
毎朝、お仕事前のひとりの時間に、ギャッベの上でストレッチをしていることなど、
ありのままの「ギャッベのある暮らし」をお話しいただきました。

 

アルバイト代を貯めて、
結婚を前に、
階段箪笥を買ったことがはじまり

 

佳子:今日は、松葉屋のギャッベを選ばれた理由や、使い心地のことなど、色々とお話をお聞きしたくて。

善五郎:改めてお聞きしたことがなかったですから、今日はとてもたのしみです。たしか、階段箪笥(たんす)を買われたのが、一番最初でしたね?

Kさん:いくつの頃でしょうね…。東京から帰ってきて、30代の時だったかしら。
善光寺の近 くでアルバイトをしていて、松葉屋さんの前を 通る度に「いいなぁ」と、ずっと気になっていたんですよ。
そのあと結婚を機に、 階段箪笥を買わせてもらったんです。

善五郎:ご結婚される前だったんですね。嬉しいなぁ。

K さん:そうですね。そのあと、次男が生まれ てから、家を建てることになりました。
その時に、テーブルや机も松葉屋さんで新調させてもらいましたよね。

 

佳子:引き出物などもご用意させていただき、 私たちもお役に立てて、光栄です。ありがとう ございます。

K さん:こちらこそ、ありがとうございました ( 笑 )。
そのあと、松葉屋さんがギャッベを紹介されるようになって。
私自身、かねてからギャッベが好きだったので、気になって、観に行ったんですね。
そこで、新しい家の玄関に敷くために、朱色のきれいなギャッベを買わせてもらったんですよね。

はじめてのギャッベ
そのあとのギャッベ

佳 子:もう15年くらい前になりますね。

K さん:もともと、カラフルなギャッベを一枚使っていて。
その頃は私たちも若くて、息子たちも小さかったから、にぎやかなものが好みだったんでしょうね。 だけど、松葉屋さんのギャッベを観に行ったら、素朴で美しいギャッベがあることを知って。そして、赤の濃淡が美しいギャッベに一目惚れしてしまいました。あのときは、まさか買うとは思っていませんでしたが、今でも大切に使っていますよ。

佳子:あれは美しくて、私たちも、とても気に入っていたギャッベですね。

K さん:そのあとにも、いいギャッベと巡り合えて。12年前くらいでしたかね。
リビングで使っている草木染めの翠(みどり)のグラデーションのギャッベですね。

善五郎:たしか、それまでには、蒼(あお)のグラデーションのギャッベで、悩まれていましたよね?

K さ ん:そうでしたね。1〜2年くらいの間ずっと悩んでいて、和室に試しに敷いてみていただいたり、何度もお店で見せていただいたりしていましたね。

そうこうしているうちに、今の翠の美しいギャッベと巡り合って。

佳子:このギャッベを観た時は、色合いの美しさにびっくりしました。

K さん:私も、カラフルで、にぎやかなものよりも 、 落ち着いたグラデーションに惹かれるようになっていたんでしょうね。
これは「もう、 どうしても」って思っちゃったんです。もう巡り合えないだろうなぁと感じました。
観る方向によって、彩りが変わって、風景に思えたり、 今でもずっと飽きない。これを選んで本当によかったです。
息子たちも小さい頃には、よくここで、ゴロゴロして、気持ち良さそうにお昼寝をしていましたね(笑)。たのしい思い出です。

 

大地と空、火と草色のじゅうたん

『ゾランヴァリ・アートギャッベ展』

2019年9月14日(土)~29日(日)
10:00~19:00

*会期中、9/19(木)と9/25(水)はおやすみをいただきます

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ 
#gabbeh #zollanvari 
#ゾランヴァリ

関連記事

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」 ある日あるところ、 ...

記事を読む

一枚板の天板 壁のシミが顔に見える?

松葉屋家具 店主の善五郎です。   子どもの頃、 ...

記事を読む

欅の一枚板でこんなデスク/テーブルを製作してみた

松葉屋家具店 店主善五郎です。 欅の一枚板でこんなデスク/テーブ...

記事を読む

どんな天然染料?ほんとにイランの手織り?「ギャッベのQ&A」

こんばんは。松葉屋店主・善五郎です。 これま...

記事を読む

新着記事

2〜4人がけの欅の一枚板テーブル 

一枚板テーブルをお届けしました。

こんにちはスタッフの須坂です。 先日、長野市のお客様へ一枚板テーブル...

記事を読む

善光寺界隈

守ってあげたい。セイヨウタンポポ。

道ばたの、側溝のスリットから顔を出したセイヨウタンポポ。 庭...

記事を読む

「森の中にまちがある。一歩」そのまたはじまりのはじまり

「森の中にまちがある。一歩」 ある日あるところ、 ...

記事を読む

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

松葉屋に安心してご来店いただくためのお願いです。(4/9更新)

松葉屋家具店 滝澤善五郎です。 内容を更新いたしました。再度お読みく...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑