【松葉屋】亜麻色のうるしの器展がはじまりました!

こんばんは、スタッフの池田です。

 

今日から松葉屋の新しい企画展

「亜麻色のうるしの器展」がはじまりました。

 

今回の企画展用に

お皿やお重(箱)を

3色の微妙な色合いに塗り分けたものを

漆の作家の「飯塚直人さん」につくっていただきました。

 

お皿の形は木曽の木地屋さんにお願いして

何度も、何度も試作を重ねて

使い勝手のいい大きさ、厚さのものをつくりました。

松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
サイズもいろいろ。
松葉屋家具店 漆 白漆 お皿
 
 
お重は1段でも、2段でも、3段でも
色違いを組み合わせてもお使いいただけます。
正方形のお重は、松葉屋の近くの和菓子屋さんで
生菓子を詰めてもらう箱にも使えるように
大きさを考えてつくりました。
松葉屋家具店 漆 お重
 
松葉屋家具店 漆 お重
 
漆というと、黒や赤のぴかぴかしたものが思い浮かんで
傷や水シミができたりして気になって
扱いにくいというイメージを持たれている方も多いと思います。
 
 
でも、漆の器にはたくさんいいところがあるんです。
木でつくられているので
器同士が触れた時にカチャカチャいわなかったり
熱いものや冷たいものを入れた時に
温度が変わらず、特に口に触れるものだと木の優しい口当たりに
心地よさを感じます。
そして、使い込むほどにどんどんツヤが増し
とろっとした何とも言えない美しい風合いに変化していきます。
 
 
食洗機で洗わないこと、食器乾燥機にかけないこと。
洗った後は水気を拭くこと。
 
使い勝手によっては大変だなと感じてしまうことが
あるかもしれませんが
一度使って、その心地よさに慣れてしまったら
そんな思いも自然と無くなってしまうと思います。
 
毎日使える漆の器、ぜひご覧ください。
 
 
 
【亜麻色のうるしの器展】
2015年5月13日(水)〜31日(日)
10:00〜18:00 会期中無休

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

2018年のホームスパン

こんにちは、スタッフの池田です。   毎年恒例と...

記事を読む

森へいくツアー11月

森へいくツアーVol.08 開催しました! 2日目

こんにちは、スタッフの池田です。   森へいくツアー...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

冬のくらしとホームスパン展 生成り・白・グレー

こんにちは、スタッフの池田です。   12月2日...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店 山桜 巾ハギテーブル

山桜の巾ハギテーブルをお届けしました。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 先日、須坂市のお客様へ...

記事を読む

松葉屋家具店 黄檗 キハダ 一枚板テーブル 天板

黄檗(キハダ)の一枚板テーブルをこだわりのご自宅に。

こんにちは、松葉屋家具店スタッフの早川です。 今回、安曇野市にお届け...

記事を読む

一枚板天板 長野市で伐倒されたエンジュの大木

広葉樹の一枚板・長野市で伐倒されたエンジュの大木

とんでもない迫力。 言葉を失うほど美しい。そんな天板が仕上がりました...

記事を読む

オオイヌノフグリ

松葉屋のちいさな森 早春の便り「オオイヌノフグリ」

こんにちは 松葉屋家具店の店主善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

ミチタネツケバナ(道種漬花)

雑草という名の草はない? 「ミチタネツケバナ(道種漬花)」

こんにちは 松葉屋家具店の滝澤善五郎です。 松葉屋家具店の敷地...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑