一生使える「子どもの椅子」ってどんなものだろう?

こんばんは

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

 

子どもの学習机を購入いただく際に

よくいわれること。

 

「椅子は何を組み合わせたらいいですか?」

 

この質問はじつは非常に悩ましい。

子どもは成長する

身長が伸びる

座高が高くなる

それにつれて、椅子の高さを変えなくちゃいけない

 

その対応として

クルクルしたり、高さが伸び縮みしたり

座面を差し替えたりする方法が考えられたわけですが

 

何か違う。

 

そう思い続けてきました。

これらを一生使い続けたいとは思えない。

 

ひとつめの結論として

「椅子はすぐに必要ないです。」

と答えています。

 

 

日本人的な気質なのでしょうか、

機能は多ければ多いほど良いものと考えがちです。

 

たとえば学習机に本棚、ひきだし、ライト、フック、

机の高さを調整する機能……。

これでもかと詰め込むのは滑稽ではないでしょうか。

 

 

おなじ意味で

椅子を私は机と同時に購入しなくてもいいと考えます。

 

なぜなら子どもが本格的に使う高学年になって充分と考えるからです。

低学年のうちは、お母さんの目の届く食卓で勉強して、

学習机は「もの置き場」であることが多いはず。

 

であれば、家の中であまり使われていない椅子を置くだけで

十分ではないでしょうか。

 

身長が大人に近い高学年になってから、

一生つきあえる椅子を購入するというのもひとつの方法です。

 

 

もう一案として

子どもの成長とともに

成長する椅子を製作しました。

 

椅子が成長するって?

 

成長する椅子

 

 

 

最初は子どもの座高に合わせ

座面高が10cmほど高くつくられています。

 

脚がブラブラしてしまうと苦痛なので、杉材の

脚のせステップをおつけします。

 

子どもの成長につれ、無料で脚をカットしていきます。

通常の大人椅子の座面高は42cmほど。

脚カットするうち、大人もピッタリの椅子に

成長するわけです。

関連記事

桜の学習机と小さい殿様 記念撮影

山桜の学習机をお届けしました

こんにちはスタッフの須坂です。 まだ寒さも続いた3月の中頃、 ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(12/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載でお送り...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(11/12)

こんにちは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 連載...

記事を読む

「一生使える学習机」十二の想い(10/12)

こんばんは。100年家具店店主、松葉屋善五郎です。 &n...

記事を読む

新着記事

松葉屋家具店『山桜と楠とか展』

広葉樹一枚板テーブル『山桜と楠とか展』開催中です

こんばんは、スタッフの須坂です。 4連休最終日となり、 昨日ま...

記事を読む

えごま油で椅子の塗装1

今日も椅子を仕上げます。

こんにちはスタッフの須坂です。 朝晩心地よい風になってきました。...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

松葉屋家具店 椅子 テーブル

自分に合う椅子をみつける

こんにちは、スタッフの池田です。   松葉屋では...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑