アートギャッベ 儚い色・柄

スタッフの池田です。

ギャッベというと、はっきりとした赤・緑・青・黄色などで

柄も鹿や生命の木、四角の窓など

代表的なものを思い浮かべる方が多いと思います。

 

そんな中、松葉屋には

「はっきり」という言葉とは対照的な

「儚い」色や柄のものがやってきます。

 

そうしたギャッベは決まって糸目が細かく繊細で

手触りも上質なものが多いのです。

松葉屋家具店 アートギャッベ
こちらの黄色いギャッベ。
光の当たり方によってはまぶしいくらいに金色に輝きます。
黄色い色でも深い色から白に近い明るい黄色までを織り込み
とっても繊細な色使いをされています。
 
とても微妙な色で柄も織り込まれています。
P1120635
茶色や青で点々で描かれた柄は
魔除けを意味するひし形。
うっすらと描かれた模様は地の色を生かしたとてもおしゃれなものです。
 
 
 
こちらの原毛の優しい色合いのギャッベも
P1120637
 
全体に淡い色で、そこに描かれた小花や木の柄に使われている色が
とてもきれいな色をしています。
珊瑚色、山吹色、若草色、瑠璃色・・・
和名が合いそうな色合いです。
P1120641
糸杉をモチーフにされているのですが
色のはっきりしているところからふと視線を内側にうつすと・・・・
うっすらと、木を形どるようにベージュの淡い線が見えます。
 
見つけた時はびっくりしました。
どうしてこんなにも微妙な色合いにしたんだろうと。
 
ベージュの線はとてもツヤのあるきれいな色の糸を使っています。
 
この糸の色を見つけてから
改めて全体を見渡してみると
中心から枝を伸ばす線が見え、
ギャッベ全体に大きな木が描かれている事に気づきました。
 
でも残念な事に、その様子を言葉や写真で説明するのは
これが限界です。
 
この素敵な色は、ぜひ自然光のもとで肉眼で見ていただきたいです。
 
 
儚いギャッベ。
どんな想いでこの色使い、柄にしたのかと
ぼーっと眺めて引き込まれる素敵なギャッベです。

2014/10/23 | アートギャッベ

関連記事

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

松葉屋家具店 黄金色のギャッベ

黄金色のギャッベ

こんにちは、スッタフの池田です。   長野の山は...

記事を読む

松葉屋家具店 ギャッベ 羊の色

羊の色、そのままのギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   今年の冬は...

記事を読む

no image

ギャッベ 水拭きでさっぱり

こんにちは、スタッフの池田です。   そろそろ梅...

記事を読む

雨がシトシト、梅雨色のギャッベ

こんにちは、スタッフの池田です。   一日中こま...

記事を読む

新着記事

バイオガスを発電に利用とは?

松葉屋家具店店主、滝澤善五郎です。 昨日の信濃毎日新聞にこんな記事が...

記事を読む

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました

北信州で伐採された欅(ケヤキ)の一枚板が仕上がりました。 &nb...

記事を読む

一生使える学習机ってどういうものでしょうか。

一生使える学習机ってどういうもの? そのまえに一般的な学習机を定...

記事を読む

ギャッベ「いちまい」を選ぶ

ギャッベの選定はダイヤモンドの発掘のようです。   宝石...

記事を読む

キラキラの黄檗(キハダ)の学習机

今年の学習机が仕上がりました。 今年作った机は 長野・北信濃の...

記事を読む

松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑