松葉屋出張展 松本市中町蔵シック館 「広葉樹一枚板のテーブル展」

こんにちは!
100年家具店主、松葉屋善五郎です。

朝晩がめっきり涼しくなって、昼間との寒暖の差が大きい
体調管理が難しい気候になりました。
夏の疲れ、また楽しかった夏への惜別、それから秋の期待、
いろいろな気持ちでお過ごしだと思います。

さてさて松葉屋からのお知らせです。
毎年恒例の「松葉屋出張展、松本市中町蔵シック館」を
9月11日(月)まで開催中。

 

松葉屋出張展 松本市中町蔵シック館
「広葉樹一枚板のテーブル展」
http://matubaya-kagu.com/pdf/event/2017/20170907.pdf

なぜ松葉屋が出張して、いろいろなところにお伺いするのか
その理由をお伝えしたいと思います。

松葉屋の土地柄、善光寺への行きすがら
あるいは周辺の山々への観光の帰りと
遠方からお越しになるお客様が多い家具屋です。

もちろんお越しいただくのも嬉しいのですが、
いつもいつもお越しをいただくばかりでは申し訳ない!
そういう思いから、近場ですけれどもお伺いするということをしております。

今回は
長野へ来るよりも近いから、と言う事情で静岡のお客様が
ご来店を予約いただいています。
たしかに長野よりずっと来やすいですよね。

長野になかなか足を伸ばせないなぁ と残念に思っていらっしゃる方々、
ぜひ松本の観光がてらお寄りください。
長野もいいところですが、松本も文化的で落ち着いた街です。

先ほど会場にいらしたお客さまが
「松本はホントにいい街。
青森の弘前に似ているね。」と
おっしゃっていました。

不思議ですね。
松本に観光で来られた県外のお客さまにもかかわらず、
「善光寺の側の家具屋です」 名乗ると
「あーあの!」と、知っていてくださる方が多いこと。
ありがたいことです。

会場の中町・蔵シック館も、気持ちのいい落ち着いた会場。
1階の和室をお借りして展示します。
http://nakamachi-street.com/kurassickan/

「中町・蔵シック館は、もと造り酒屋。軒先には、その象徴である「杉玉」が
ゆれています。
手漕ぎポンプの井戸、吹き抜けの豪快な梁、中庭に面した茶房。
その佇まいにどこか懐かしさを感じます。
観光スポットとしての見学はもちろん、展示会やお教室、コンサート会場として、
文化を発信する拠点となっています。」

ご来場お待ちしております!

2017/09/08 | イベント

関連記事

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

冬のくらしとホームスパン展 生成り・白・グレー

こんにちは、スタッフの池田です。   12月2日...

記事を読む

広葉樹一枚板のテーブル展・松本 中町蔵シック館で展示4日目です。

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 今日は松本 中...

記事を読む

松葉屋の出張展・東御の御菓子処 花岡さん

松葉屋の出張展・東御の御菓子処 花岡さんにお邪魔しています。

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。   ...

記事を読む

新着記事

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑