ゾランヴァリ・ギャッベの原風景を巡る「イラン旅日記-1-」

 

こんにちは。

100年家具店主の滝澤善五郎です。

「松葉屋のギャッベは、他のとはちがいますね」

嬉しいことに、よくそんな言葉をいただきます。
私たちは、2万枚以上のギャッベから、宝石の原石を掘り起こすように、ギャッベを選んでいます。どんな家族が、どんな部屋に、どんな風に暮らすだろうか?と想像しながら、

絵画のような風景が見えるギャッベ”や、“絵本のように物語を感じさせてくれるギャッベ”を、清らかな源流を汲むように、自分たちの目で選んでいます。

私たちが選ぶギャッベは、つくりに妥協のないイラン・ゾランヴァリ社のものだけ。草木染めや手織りの伝統技術を残すために、織り子さんの暮らしを守り、美しさや丁寧なつくりに高い評価をおくゾランヴァリ社。最も高品質なギャッベを届けてくれる担い手とも言えます。

美しいギャッベには、ゾランヴァリ社の高い品質基準が保たれています。そして、織り子さんの豊かな感性が込められています。

 

・・・でも実際、
どんな人の手で、どんな様子で、どんな風景のなかでつくられているのか、実はみなさん、あまり見たことがないのではないでしょうか?
ギャッベの織り子さんが、普段なにを見て、どんな日々を過ごして、なにを感じているのか。— 私はそんなギャッベの裏側を知りたくて、数年前にイランへ行ってきました。今回はそんなイラン旅行の記録をご紹介します。

イラン旅日記-1-「織り子さんの暮らし」

〜ゾランヴァリ・アートギャッベの原風景を巡る〜

今から約10年前。私はゾランヴァリ社の協力のもと、アートギャッベができるまでの様子を見学させてもらえることになり、イランへ飛び立ちました。
空から見る雄大な山波に期待を膨らませて、イランの地に降り立った時。そこに広がるは、こんな風景でした。

ゾランヴァリ社のアートギャッベが、ずらりと並ぶ倉庫横の広場。ここから、ギャッベの織り子さんたちが暮らす高地へ行ってきました。


織り子さんたちは、こんな自然の中で、日々を過ごしています。2500mほどの高地では、寒暖の差はもとより、強い日差しの影響も大きく、最近では「遊牧」から「定住」という選択をする人々も多くなってきているようです。

こんな風景の中で、ゾランヴァリ・アートギャッベはつくられています。

縦に編み込まれた糸に、織り子さんたちが思いおもいに横糸を編みこんでいきます。右手にもっているのは、横糸をきゅっと締める道具。心に浮かぶ鮮やかな情景を織り込んでいく時、ギャッベと同じくらい豊かな表情を浮かべる織り子さん。日々の楽しみとして、世界に二つとないギャッベをつくっていきます。


織り子さんたちの美しい洋服も、彼女たちの手づくり。自然の風景に映える鮮やかな色彩は、イランの女性の特別な感性ですね。

こんなかわいい織り子さんも。

親子、姉妹、みんなでギャッベを織る暮らし。

子育てが、ギャッベづくりのそばにあるようです。


大地と空、火と草色。その背景に美しく映える衣装。

すべての美しい色合わせを、織り子さんは知っているのかもしれませんね。

主にギャッベを織るのは、カシュガイという遊牧民の女性たち。彼女たちは「世界一はたらきもの」と云われています。日々を楽しみながら、コツコツとつくる美しいギャッベ。彼女たちの暮らしを垣間見れて、私たちも一枚一枚のギャッベを、丁寧にお客様に届けていきたいと思うのでした。

次回は、ギャッベができるまでの様子をお届けしますね。


「大地と空、火と草色のじゅうたん展」 
2018年4月21日~5月6日 

#ギャッベの物語 #松葉屋家具店  #松葉屋
#アートギャッベ #ギャッベ#gabbeh #zollanvari#ゾランヴァリ

2018/03/21 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 春のギ...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 これま...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 これま...

記事を読む

新着記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑