一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。

 

現在、松葉屋では

「春の一枚板テーブル展」を開催中です。

日本の山で育った樹齢200年の広葉樹からつくった一枚のテーブル。

同じものは二つとなく、自然の中で育まれた豊かな表情をもつ木々。

しなやかに、力強く、凛とした佇まいが物語るものは、時代が流れても、暮らしのかたちが変わっても、私たちに何か大切なことを教えてくれるのかもしれません。

 

そんな一枚板のテーブルができるまで。

その過程をみなさんにお伝えしたいと思います。


「一枚板のテーブルができるまで」

01 原木を選ぶ

02製材と乾燥。家具をつくること、届けること

03直し、繕い、永く使い続けてもらうために



「いいものをつくりたい。それをお客さまにお届けしたい。そのためには、途方もない時間と人の手が携わっています」

 

今回のブログで紹介したいのは、一枚板のテーブルができるまでの一部始終、

「製材と乾燥」→「家具をつくること」→「家具を届けること」です。

 


「製材と乾燥」①自然乾燥

松葉屋が長年、「製材と乾燥」をお願いしているのは、広葉樹の製材・乾燥に特化した『カネモク』さん。ここに運ばれてきた木は、まず自然乾燥にかけられます。これだけ雨に打たれても、木の芯まで水が浸透することはないそう。むしろ、このあとの蒸気乾燥には、ひたひたに濡れているくらいがちょうどいいのだとか。詳しくは後述。

皮を削られた木が運ばれていきます。

まだ湿気を含んだ木たちは、鳥の毛羽立ちのよう。ちなみに木の皮は、熱エネルギーにかえられて、再利用されていきます。


「製材と乾燥」②カット

木の角度、反り、年輪の向きなど、家具になる姿を想像して、切り口を決めます。永年、木のことを見てきた人たちの五感を頼りに、何度も角度を変え、切り口を微調整。一回限りの読みが、木を生かすも無駄にするも、その後の何百年を左右します。


「製材と乾燥」③蒸気乾燥

驚く方も多いと思いますが、一枚板テーブルの乾燥は、蒸気のみ。

化学的なものは一切使いません。(その蒸気乾燥の詳しい話は、以前の『手仕事のいろは』をぜひ読んでいただきたいです)。

時代や生活環境の変遷とともに更新され、代々受け継がれてきた特殊な乾燥の技術は、『カネモク』さん独自のもの。

何段にも積み上がった木材が、大きな釜の中で蒸気乾燥にかけられます。これにより、家具として使われる環境や湿度、気温などに適した含水率に均していきます。

こうして、蒸気乾燥や自然乾燥を経て1年半から数年かけて、ようやく原木が家具製作に進める時期になります


「家具をつくる」

松葉屋は長年の信頼をおく『木と暮らしの制作所』に、家具づくりを一貫してお願いしています。


『木と暮らしの制作所』浦西さん(左)と工場長の阿部さん。浦西さんとの付き合いは長くなりました。「こういうことがやりたい」と投げると、思った以上の提案をしてくれます。逆にダメ出しが多いのも信頼できる関係だからこそ。

 

『カネモク』さんとの距離が近いという点(運搬にそれほどコストがかからないというメリット)も味方して、浦西さん自身が、製材と乾燥の現場に立ち会うこともあります。これは単に、「コストがかからない」というお金の話ではなく、一つの家具をつくるのに、どれだけのエネルギーが使われているのかを精査することに、僕たちは重きを置いています。製材から家具づくりにかけて、大きなトラックで何往復もするような物流でない方が、より良いと考えるからです。


ただし、メール添付して、ポチッと押せば届くというものではないので、木材の運搬もなかなか大変です。


「家具を届ける」

こうして出来上がる一枚板のテーブル。さらに、お客さまの手に渡って、ようやく家具としての役割が始まります。お客さまへお届けする時もなるべく、僕たちの手で。過剰な梱包を減らしたいということもありますし、ちゃんと自分たちの手でお見送りしたいという気持ちもあります。これまでに日本中、津々浦々、時間の合間を縫って、お届けに行く日々を過ごしてきました。これもなかなか愉しい時間です。


 

いかがでしたでしょうか?細かな話は、飛び飛びになってしまっているところもありますが、一枚板のテーブルができるまでには、たくさんの人が携わっています。これができるのも、力を貸してくれるみなさんのおかげだと、つくづくありがたいなあと思うばかりなのです。

 


日本の山で育った樹齢200年の広葉樹

「一枚板のテーブル展」

2018年2月24日〜3月18日


2016夏 広葉樹一枚板テーブル展廊下

#木の鼓動 #木の詩
#一枚板 #松葉屋 #松葉屋家具店
#一枚板テーブル #天然木
#手仕事 #銘木 #広葉樹

 

2018/03/14 | 一枚板

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

ギャッベ「空の移ろい」

「空の移ろい」 空は一瞬も同じ時がないよね。  ...

記事を読む

落ち葉いろのギャッベ

暑い夏が過ぎ、秋の気配。 信州の朝や夕方は寒いほどになって、 ...

記事を読む

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑