エッセイ「木の鼓動」

おはようございます。

100年家具店主、松葉屋善五郎です。

だんだんと春のにおいやあたたかさを感じる頃合いになってきました。
そんな風にちょっとした自然の移り変わりをいつも身近に感じたくて
松葉屋の横の空き地を森にしようと、木を植えはじめて数日。
これから樹木が育っていく年月が楽しみです。

私たちが本当にいいと思えるもの。
その一つのが、日本の森で育った樹齢200年の樹木。
これまでに「一枚板のテーブル」として届けてきました。

そんな樹木の力強さ、同じものは二つとない表情、木から考えさせられる物語を
エッセイ「木の鼓動・木の詩」として、連載していくことにしました。

時々、気まぐれに、
ご紹介していきますので、
どうぞお楽しみくださいね。

instagram 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

Facebook 「松葉屋家具店+くらし道具学研究所」

にも投稿していきますので、
もし、ときおり時間があれば、
ふらりと訪れてみてくださいね。


『 山桜 』
春。古の奈良の都。
山々をみわたすと、針葉樹の濃い緑、広葉樹のちいさな若葉色にまじって淡いピンクの花が目にとまる。こうして数えきれない人々に愛でられ癒してきてくれた山桜。
820-830-960×2200(mm)/厚み55mm


『欅』
縮み、きれいにのこるコブのなか。様々な表情を見せてくれる欅。
色々なことがあったけど、向き合ってこれたから、いい人生だよね、と姿カタチが物語ってる。
800-1000-950×2100(mm)/ 厚み62mm


日本の山で育った樹齢200年の広葉樹

「一枚板のテーブル展」

2018年2月24日〜3月18日 .

水目桜の一枚板テーブル2900


#木の鼓動 #木の詩
#一枚板 #松葉屋 #松葉屋家具店
#一枚板テーブル #天然木
#手仕事 #銘木 #広葉樹

2018/03/07 | 一枚板

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

卓袱台 栗φ650

松葉屋の卓袱台(ちゃぶだい)

こんにちはスタッフの須坂です。 夏の広葉樹一枚板テーブル展もいよ...

記事を読む

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑