春の一枚板テーブル展が始まりました。

こんばんはスタッフの須坂です。

松葉屋では春の一枚板テーブル展が始まりました。

先週末は沢山のお客様にお越しいただき
ありがとうございまいた。

今回の一枚板テーブル展も、個性的で美しい
一枚板テーブルがたくさん並んでいますが、
ボクが個人的に目を奪われている板を二枚ご紹介します。

まずはこちらの大きなトチノキです。
少し変わった栃の一枚板テーブル天板
大変珍しい杢目をしていて
長さは2メートル60センチ、
幅はなんと150センチ近くあります。
一昨年夏の銘木市で出会い、
乾燥状態も良かったので約一年で仕上がりました。

そしてさらに今回、こんなのあるの!?と
正直ビックリしたのはこちら落着きを放つ水目桜です。
水目桜の一枚板テーブル2900
長さは2メートル90センチあり、
整った形とこの長さ、本当にきれいです。

とても重いので立てる事ができず、
そして表面が無作為にきらきらと輝くので
カメラで全容を撮るのがとても大変です。

どうしようかと悩み、
横にしてみることにしました‥
2900の水目桜を撮る
この美しさいかがでしょうか!素晴らしい!

といわれても‥僕と善五郎さんの顔が気になって
せっかくの美しい杢目が目に入らないかもしれません。

写真は”美しい一枚板の部分だけ切り取り”ご案内しますので、
興味のある方はぜひお問い合わせてください。

もちろんこの素晴らしさは、
お店で直接ご覧いただかないと感じられないかもしれませんが。

2018/03/01 | 一枚板

スタッフ/須坂大志郎
書いた人スタッフ/須坂大志郎

古びてなお美しく、行く末自然に返るもの
使い込んだものの美しさをお伝えしていきます。
木の家具のお手入れの事など何でもご相談ください。

>記事の一覧はこちら

関連記事

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで03「直し、繕い、永く使い続けてもらうために」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

一枚板のテーブルができるまで02「製材と乾燥。家具をつくること、届けること」

おはようございます。100年家具店主、善五郎です。  ...

記事を読む

エッセイ「木の鼓動」

こんばんは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 私たち...

記事を読む

新着記事

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

卓袱台 栗φ650

松葉屋の卓袱台(ちゃぶだい)

こんにちはスタッフの須坂です。 夏の広葉樹一枚板テーブル展もいよ...

記事を読む

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑