ギャッベのある暮らし インタビュー

こんにちは。
100年家具店主、松葉屋善五郎です。

11月5日まで開催しました

秋のゾランヴァリ・アートギャッベ

「大地と空、火と草色のじゅうたん展」では

たくさんの方にお越しいただきまして、ありがとうございました。

次は春のギャッベ展ですね。またみなさんに素敵なギャッベをお届けしていきたいと思います。

次回もどうぞ、お気軽に脚をお運びくださいね。

お待ちしてます。


さて、今回は「ギャッベのある暮らし」をご紹介します。

ジャシールの黄色とインディゴの碧を染め重ねたギャッベは、元気いっぱいの娘さんと息子さんが、囲碁をやったり、お茶を飲んだりする、みんなの憩いの場に迎えられました。

Mさんご家族の「ギャッベのある暮らし」です。

「みんなが集まる

場所になりました」


父:このギャッベには、もう一目惚れでしたね。初めて見て、すぐに決めました。

母:個性や主張があるギャッベもあると思うのですが、このギャッベはどんな家具にも合うのかなって思ったんです。色やグラデーションもすごくきれいで、向きを変えるとまた雰囲気が変わって。

子:キレイ!(笑)

善:もともとギャッベを使おうと思っていたんですか?

母:思っていませんでした。だけど、もともと木の家具が好きだったので、ギャッベは木の家具と合うのかなと思って気になっていましたね。

父:このギャッベを使ってみてからは、子どもたちが、自然と集まるようにあって。みんなでテレビを見たり、ここで囲碁をしたりするようになりましたね。


Mさんご家族と松葉屋のご縁は、ある二つの椅子にありました。

海外出張をしていたMさんご家族が、たまたま見つけて買った椅子。

これが、松葉屋にあるものと同じだったことから、松葉屋を訪れてくださるようになりました。

それからというもの、スツールのお直しもさせていただき、今ではオーダーいただいた栗の戸棚を制作もはじめています。こちらもまた完成間近なので、Mさんご家族のもとへお届けするのが、楽しみです。

 

 

2017/11/07 | アートギャッベ

店主/滝澤善五郎
書いた人店主/滝澤善五郎

愛着もてるものを
手入れしたり、メンテナンスしたり、修理したり
そうやって永く、永くつき合っていく。
「繕い、直し、使いつづける」
ボロッちくて、朽ち果てたものが大好きです。
ぜひ一度、私 善五郎に会いにお出掛け下さい!

>記事の一覧はこちら

関連記事

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 春のギ...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 これま...

記事を読む

エッセイ「ギャッベの物語」

こんにちは。 100年家具店主、松葉屋善五郎です。 これま...

記事を読む

新着記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

松葉屋家具店 楠  一枚板

一枚板テーブル 「使ってもうすぐ1年経ちます。」長野市T様

こんにちは、スタッフの池田です。   先日、楠の...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

アートギャッベ 松葉屋家具店

アートギャッベ「リビングがとても華やかになりました」 東京都・O様

こんにちは、スタッフの池田です。 先日のギャッベ展でお選びいただ...

記事を読む

ギャッベを選んだ妻・よしこの話

こんにちは。松葉屋善五郎です。 松葉屋で、ゾランヴァリ社のアートギャ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑