ウィンザーチェア展 長野県信濃美術館

こんにちは、スタッフの池田です。

 

先日、信濃美術館で開催されているウィンザーチェア展へ行って来ました。

 

松葉屋にもボウバック・コムバック・キャプテンタイプという

ウィンザイーチェアの流れを汲んで

現在も作られている椅子があります。

 

改めて、自分の勉強も含めて展示を見にいくと

とっても奥が深く

18世紀ごろに作られた椅子は

それぞれの個性や素朴さ、手作りの温かさや

職人さんの細かい気遣いやこだわりを感じる

ずっと眺めていたくなるような存在感のあるものでした。

 

 

ウィンザーチェアは18世紀前半にイギリスで生まれた

木製の椅子のことで

ウィンザーチェアの特徴は

座面も背もたれもすベてが木で作られていること。

座ぐり→お尻の形にくれたくぼみがある。

脚は枘組で差し込まれて作られている。

など、決まりごとがあります。

 

元々はイギリスの地方ごと、村ごとに作っていて

特にデザイナーがいたわけでもなく

それぞれの特徴を持って作られていたものを

「背もたれの棒が少ないと痛いから棒を増やそう」

「背もたれの角度を微妙に変えたりしながら」

など、

少しずつ、その土地ごとのデザインができていったそうです。

 

基本的な形や構造が同じでも少しずつ違いがあります。

座繰りの深さや形

アームの角度などが違っていたり

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

 

背もたれの角度やデザイン

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

 

個人的にとても心を掴まれたのはチャイルドチェア。

数も今までみたことないくらい多く

一つ一つが暖かくて

とにかく愛らしいんです。

 

ちょこんとした足乗せがあるもの

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

 

細かい細工がとても繊細で綺麗な

チャイルドチェアもありました。

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

長野県信濃美術館 ウィンザーチェア展

肘掛の先のところの丸みが

たまらなく可愛らしく

小さな椅子でもとても凝った作りをしています。

 

会場にずらりと並べられた椅子を1点1点見ていくと

「この椅子はここをこだわったのかな」

と、作った人のこだわりが見られるような楽しさがありました。

 

こんなにたくさんを一度に

しかも比べられながら見られるという贅沢はありませんね。

 

ウィンザーチェア展の会期は

8月27日(日)まで

9:00〜17:00(入場は16:30)

ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

スタッフ/池田奈美子
書いた人スタッフ/池田奈美子

「なぜ?どうして?」と私が疑問に感じたことをお伝えすることでみなさんの疑問が晴れることを願って。
松葉屋の家具やアートギャッベ、森との関わりを日々感じたままにお伝えします。

>記事の一覧はこちら

関連記事

松葉屋の鹿革クッション

松葉屋の鹿革クッション

こんにちはスタッフの須坂です。 本日、オリジナルソファ用の 鹿...

記事を読む

葉屋の新企画 ソファ 仮組

新しい家具の企画。

こんにちはスタッフの須坂です。 松葉屋では新しくソファの企画をし...

記事を読む

松葉屋 胡桃の椅子

美しい胡桃の椅子が仕上りました。

こんにちは、スタッフの須坂です。 ホームスパン展の土日を終えて、...

記事を読む

松葉屋の栗の小椅子とカウンター

さまざまな椅子を選ぶ

こんにちは、スタッフの須坂です。 先日、栗の小椅子をお届けしまし...

記事を読む

新着記事

ギャッベを見つめる あなたの瞳が純粋で、愛おしい

松葉屋店主、善五郎です。   「松葉屋のギャッベ...

記事を読む

地産地消の家具製作ってどういうこと?

こんにちは 100年間の店主、滝澤善五郎です。  ...

記事を読む

ギャッベ

ギャッベのある暮らし「このギャッベが宝物なんです」

こんにちは。 松葉屋家具店主、善五郎です。 ギャッベの数だけ 人...

記事を読む

卓袱台 栗φ650

松葉屋の卓袱台(ちゃぶだい)

こんにちはスタッフの須坂です。 夏の広葉樹一枚板テーブル展もいよ...

記事を読む

煌めくような黄檗の一枚板に出会った日

100年家具店主、松葉屋善五郎です。   身近な...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

CAPTCHA


松葉屋家具店公式サイトはこちら
PAGE TOP ↑